読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」

FXでダウ理論より簡単にトレンド判断できるインジケーター

FXの記事すべて 手法


f:id:yukihiro0201:20151015165559j:plain


前回、ダウ理論を使ったトレンドの判断方法をお伝えしました。

参考:ダウ理論でトレンドを定義し自分のFX手法に有利な相場を探す

 

しかしこのダウ理論を使う方法は、チャートの形によっては迷ってしまうことも・・・

例えば下のようなチャート。

 

f:id:yukihiro0201:20160529005440j:plain




この場合、赤丸部分をノイズとするかしないかでトレンドの見方が変わってきます。

これをただのノイズとするならアップトレンドは継続中です。

しかしノイズと考えないなら、直近ではダウントレンドということになります。


これはぶっちゃけ、どちらも間違いではありません。

そしてどちらを正しいと見なすかは、その人の好み・経験・トレードスタイルなどによって変わります。

なのでダウ理論でトレンドを判断するときは、個人によって結果が変わってくるんですよね。


これが苦手だという人に、もっと簡単なトレンド判断方法を教えましょう。

それはズバリ「移動平均線」を使った方法です!!



この方法は僕も自分の手法の中で使っています。

参考:誰でも簡単!シンプルなFXライントレード手法を無料で公開



上記のブログにも、この移動平均線を使ったトレンド判断方法について書いているのですが・・・

今回はもうちょっと詳しく説明していきましょう。


f:id:yukihiro0201:20160529012650j:plain




この方法はとっても簡単です。

移動平均線が短期(赤)→ 中期(黄)→ 長期(青)の順に並んだら、トレンドが出ていると判断します。


ちなみに僕は21・55・89期間の移動平均線を使用しています。

参考:FX移動平均線の期間設定に迷うならフィボナッチ数列を使え

 

しかし、この期間設定の数字はあまり重要ではありません。

デフォルトのままでもいいですし、自分好みの期間に設定してもらえればと思います。


ここで注意してほしいのは、「移動平均線が順に並んでいてもトレンドが出ているとは限らない」ということ。

 

例えば下のチャートは移動平均線が順に並んでおり、きれいなトレンドが出ています。


f:id:yukihiro0201:20150709153924p:plain




それに対し下のチャートは、移動平均線が順に並んでいるにもかかわらずレンジです。


f:id:yukihiro0201:20150709154031p:plain




これらを見分けるには、チャートと移動平均線の交わり具合を確認します。


トレンドが出ているとき、チャートと移動平均線はほとんど交わることがありません。

下図ではチャートが短期の移動平均線で跳ね返されており、中期・長期の移動平均線とは交わっていないでしょう。

 

f:id:yukihiro0201:20150709153924p:plain

 

それに対してレンジのときは、チャートと移動平均線が交わり合います。

下図ではチャートが短期・中期の移動平均線と交わり合っており、長期の移動平均線にも届きそうです。



f:id:yukihiro0201:20150709154031p:plain

 

目安としてはチャートが短期の移動平均線を抜け、中期の移動平均線まで到達するようになったら黄信号です。

「もしかしたらレンジに移行するかトレンド転換する??」と身構えてください。



もし順張り(トレンドフォロー)手法を使っているのなら、上記の移動平均線を使ったトレンド判断方法は強い味方になってくれるはずです!!

 

ぜひ使い方をマスターしてみてください。