読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







ビットコインは為替市場を殺す!FXトレーダーは失業か?

f:id:yukihiro0201:20150629080950j:plain


先日、「仮想通貨革命 - ビットコインは始まりにすぎない」という本を読みました。

その内容がとても過激であったため、思わずブログを書かずにはいられない状況に・・・笑

 

【もくじ】

 

ビットコインとは??

 

ビットコインは「仮想通貨」「暗号通貨」と呼ばれるものの1つです。

2009年に「ナカモトサトシ」という人物が作ったと言われています。

 

オンラインショップやネットゲームでの決済に使われているのはもちろんのこと・・・

最近では実在する街のカフェやお店なんかでの支払いにも使えたりします。

 

またビットコインに関する最近の動きは以下の通りです。

 

・世界各国(東京にもあり)にビットコインのATMが誕生

・キプロスのニコシア大学がビットコインでの授業料受け入れを表明

・バンクオブアメリカにビットコイン専属アナリストが就任

・フィデリティがビットコインの投資信託を作成

 

どんどん世の中に浸透している感じですね~

 

ビットコインの特徴

 

この通貨の最大の特徴は、通貨でありながら発行元も管理者も存在しないことです。

 

ビットコインは複雑な数式パズルを解くことで発掘することができます。

数式を解けば無料でビットコインを手に入れることができ、それが通貨供給の役割を果たしているのです。

 

しかもビットコインは発掘が進むほど、解かなければならない数式パズルが難しくなっていきます。

したがってどんどんビットコインが増えていって、その価値が暴落するといったことは起こりません。

 

ちなみに普通のパソコンで1ビットコインを発掘しようと思ったら、1年以上かかるらしいです。

本格的な発掘作業を行っている人たちは、何十台ものスーパーコンピュータを駆使しているよう・・・

 

ビットコインの利点

 

ビットコインの一番の利点は何と言っても、簡単に安くで送金ができることです!!

 

銀行などを経由しないので、面倒な手続きは必要ないし手数料もかかりません。

またネット上での取引なので資金移動が一瞬で完了し、しかも匿名で行うことができます。

 

このようなビットコインの利点は、世の中にどのような影響を与えるのでしょうか??

上記の本では以下の2点が書いてあります。

 

1.新たな事業が誕生する

 

現在の送金コストは先進国であっても2~3%あります。

したがって利益率が2~3%より低い事業は成り立ちません。

 

しかしこのコストがビットコインによってゼロになると、そういった事業も経済的に成立するようになります。

今までに見たことがない様々な商品やサービスがビットコイン上に築かれるようになるのです。

 

2.銀行の収益が悪化する

 

2012年の全世界貿易量は約1500兆円です。

仮に為替スプレッドを含めた銀行の送金手数料を4%とすると、銀行には60兆円のお金が入ったことになります。

 

この1割がビットコインに移行するだけで、銀行の収入は6兆円も失われるのです。

外国為替業務が侵食され、銀行の経営基盤は大きく揺らぐでしょう。

 

この2は何も銀行だけではなく、FXトレーダーとしても大問題です!!

 

為替市場がなくなる??

 

ビットコインが普及するかしないかは、まだ議論の分かれるところです。

しかしそれはさほど問題ではありません。

問題なのは将来ほぼ確実に、金融の分野にもITが入り込んでくるということ!!

 

仮にビットコインが普及しなくても、それに代わる新しい仮想通貨がすぐに出てくるでしょう。

なぜなら僕たちが現在使っている通貨よりも圧倒的に便利だからです。

10年後か100年後か分かりませんが、仮想通貨の普及から僕たちは逃れることはできません。

 

そうなると、大きな影響を受けるのは「外国為替市場」です。

 

世界中のみんなが単一の仮想通貨を使うようになれば、外貨両替は必要なくなります。

外国為替市場の取引はどんどんなくなり、やがては枯れてしまうでしょう。

するとFXトレーダーは働く場所を失ってしまうのです。

 

このようなことは実際に起こっています。


例えば東京工業品取引所(TOCOM)は以前、非常に流動性が高くてトレードしやすい市場でした。

それが法改正で一気に値動きがなくなり、そこを主戦場としていたトレーダーは死に絶えたのです。

このように時代の流れで、トレーダーが置かれている状況というのは変わっていきます。


変わる中で変わらないもの

 

しかし「変わらないもの」というのも確かに存在します。

FXトレードで言うならば、その変わらないものとは「投資家の心理」です。


どれだけトレード環境が変わっても、それを行う人の心は変わりません。

欲や恐れといった感情は人間が誕生してから何百万年経った今も、そのままの形で存在し続けているのです。


だからこそ、チャートの形から投資家心理の盲点を突くテクニカル手法はその優位性が崩れません。

昔も今も変わらず有効であり、FXに限らず株式・先物などすべての市場で使えます。

参考:投資家心理を利用してFXトレードするとはこういうことです

 

今後もトレーダーとして生き残ろうと考えるのであれば、こういった投資家心理を反映した値動きをうまく捉える手法を確立すべきです。

凝ったインディケーターやその市場独特の値動きをとらえるような手法は、いずれ使えなくなりますから・・・



そうすれば為替市場が枯れたとしても、ビットコイン市場で生きていくことができたりします。

トレードする市場は変わっても、トレードする人の心理は変わりませんからね~

 

僕はそういった「相場の原理原則に忠実なトレード」を目指しています。

そしてそれを行うのに有益な情報をこのブログで提供していくつもりです。

 

P.S.

僕個人として、ビットコインは送金や決済の方法として注目していますが・・・

今のところ、トレード対象としては見ていません。

 

理由は簡単で、流動性が低いからです。

(取引量が少ない・取引している人が少ない)