読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」

タイ・バンコクのゲイバーへ行ってアソコを握られた体験談

旅の記録 人生 旅の記事すべて


f:id:yukihiro0201:20150617150642j:plain


突然ですが・・・

あなたはゲイ(もしくはレズ)ですか??

 

あなたはノーマルか

 

電通総研の調査によると、日本にはゲイやレズなどの性的マイノリティーが13人に1人の割合でいるらしいです。

参考:13人に1人が性同一性障害など「LGBT」と呼ばれる性的マイノリティーに該当

1クラスに3人いるって考えたらすごい割合ですよね~


「自分はノーマルだ!!」と言い張る人にはもう一つ質問があります。

あなたがノーマルなのはアブノーマルな世界を知らないからじゃないですか??


僕はタイでちょっとアブノーマルな世界を体験してきました。

その結果、自分が悟ったことをココに記していきましょう。


ゲイバーの存在を知る

 

僕はタイに行ったとき絶対に体験してみたいことがありました。

それは「ゴーゴーバー」です!!

 

「ゴーゴーバー」を知らない方は以下のリンクで勉強してください。

参考:ゴーゴーバー - Wikipedia



ただ旅行者だとトラブルに巻き込まれることもあるようで・・・

僕はタイに長年住んでいる昔の会社の先輩にコンタクトを取りました。


僕「ゴーゴーバーに連れてってください!!」

先輩「女と男、どっちの??」

僕「えっと・・・んっ、オトコ??」


予想外の返答に戸惑いました。笑

聞いてみるとボーイズのゴーゴーバー(ゲイバー)も存在するとのこと!!


女性の裸よりも特別な体験を求めてゴーゴーバーに行きたかった僕。

「女よりも男の方がスペシャルじゃないか??」

いつの間にか僕はゲイバーの方に魅せられていました。笑


すると先輩はさらに僕を惑わせる質問を繰り出してきたのです!!

 

「ソフト・ミディアム・ハードのどれが良い??」


どうやらショーがあるらしく、そのレベルがお店によって違うらしい。

詳しく聞いてみると以下のように言われました。


ソフト:日本でも見れる

ミディアム:日本の法律ではできない

ハード:普通の人なら嫌悪感を抱く


先輩「お前は初めてみたいだし、ミディアムにしておくか」

僕「そ、そうっすね・・・」


どんなものかまったく分からない僕は、その先輩にすべてを任せることにしました。

こうして僕は未知の世界へと足を踏み入れたのです!!

 

ついにゲイバーへ突入

 

僕はその後、先輩とタイで落ち会いました。

そして約束通りゲイバーへ連れて行ってもらうことに!!

 

それらしい路地にはいかがわしい色のネオンがいっぱい。笑

 

f:id:yukihiro0201:20150617164556j:plain




先輩はここの常連らしく、すれ違う店引きの人たちに挨拶していました。

そのせいか一度もキャッチに引っ掛かることなく、お目当てのお店に到着。


店内に入るとそこは・・・

アバクロの開店時みたいにムキムキのハンサムたちでいっぱいでした!!

参考:アバクロ 画像検索結果


彼らはブーメランパンツ一丁でお店中央のステージに立っています。

踊っている人や準備体操している人、お客さんにアプローチしている人など様々です。


「気に入った子がいたら外に連れ出せるよ~」

先輩からそう耳打ちされました。


なるほど~

さっきから僕に向かってウインクや投げキスをしてくるのは「指名して」アピールなのか・・・

なんか怖くて僕はステージ上のハンサムたちとまともに目を合わすことができませんでした。笑

 

色々とヤバかったショー

 

そうこうしているうちに照明が暗くなってショーがスタート!!


どこからともなく聞こえてくるシャワーの音・・・

ステージ奥のカーテンが開くと、3人のハンサムたちがシャワーを浴びています。

なぜか3人ともアソコがビンビン。笑



シャワーを浴びながらの妖麗なダンスが一段落すると、彼らは濡れたままでステージ中央までやってきました。

そして・・・



ここから先は僕の文章力では表現できません。

と言うか、はてなブログの規約に違反するので書けません!!

 

はてなブログの規約を以下に抜粋。

はてなブログは、青少年を含めてさまざまな人が利用します。

過度に性的な描写や残酷な表現、暴力的な表現、差別的な表現は控えてください


参考:はてなブログのガイドライン

 

まさにステージの上で行われていたことは「過度に性的な描写」にあたります。笑

 

そのステージ上の光景にあっけにとられていたところ・・・

僕はウエイターたちから奇襲攻撃を仕掛けられました。

彼らはヒマになると隣に座って僕のアソコをまさぐってくるのです!!

 

手をどかそうと必死に抵抗しますが・・・

「オーケー、オーケー」と言いながらグイグイ揉んできます。笑


「これでミディアムなのか・・・」

ほほえみの国、タイの底の深さを見せつけられた夜でした。


僕はゲイじゃない

 

今回のチャレンジで僕にはひとつ分かったことがあります。

それは「僕は男には興奮しない」ということ!!


あれだけのものを見せられても(触られても)何も感じないのです。

きっと僕はノーマルなのでしょう。

 

実際にこれを経験して、それまで知らなかった自分の性癖に気づく人もいるようです。

例えば僕をゲイバーに連れて行ってくれた先輩とかがそうですね。笑

(ゲイバーの帰り道にカミングアウトされました)

 

新たな自分を発見したい人はタイのゲイバーへどうぞ~