読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXブレイクアウト手法の勝率を格段に高める簡単なコツ2つ

FXの記事すべて 手法 トレード動画


f:id:yukihiro0201:20150921154453j:plain


「FXでブレイクアウトを狙うといつも損切りになっちゃう」

そうお嘆きのあなたにブレイクアウト手法の勝率を格段に高めるとても簡単なコツを教えましょう!!

 

2回目の伸びに乗る

 

まずはブレイクアウトに飛び乗ることをやめましょう。

なぜならブレイクアウトした直後だと値はあまり伸びないからです。

 

ブレイクアウトが発生したとき・・・

多くの市場参加者はそのブレイクアウトを「ダマシではないのか??」と疑っています。

 

そもそも相場はあまりトレンドが発生するものではありません。

「相場の7割はレンジ」と言われています。

そう考えると懐疑的(かいぎてき)になるのは当然でしょう。


しかし経験の浅い人はレンジを抜けて大きく値が伸びていく様子を見過ごせません。

「この勢いに遅れるな」とばかりにそれに飛び乗ってしまいます。

そして戻しに巻き込まれ、あえなく損切りとなるのです。



f:id:yukihiro0201:20150614150910p:plain



ではどこで乗っかれば良いのでしょう??

一番安全なのは2回目の伸びです。

1回目のブレイクの戻りを待ち、再度ブレイクした方向に動き出したところでエントリーをします。



f:id:yukihiro0201:20150614151121p:plain



ブレイクアウトは2回目で一気に伸びていくパターンが多いです。

なぜならアップトレンドが確定し、皆が安心して買いに来るから!!


2回目の伸びが発生した時点で、直近の安値と高値が前回の安値と高値をそれぞれ切り上げることになります。


f:id:yukihiro0201:20150614151243p:plain




こうなるとダウ理論におけるアップトレンドの条件が満たされるのです。

参考:ダウ理論でトレンドを定義し自分のFX手法に有利な相場を探す

つまりアップトレンドが確定し、このブレイクアウトが本物である可能性が高まったということ!!


すると今までブレイクアウトを疑っていた市場参加者もようやく楽観的になります。

その結果1回目のブレイクよりも買いが多く入り、そこから大きく伸びるわけです。


良い形のレンジを狙う

 

また「良い形のレンジ」だけを狙ってエントリーするのも勝率を上げる良い方法です。

良い形のレンジとは具体的に以下3つの条件を指します。

 

1.同じ価格で止められている

2.値幅が狭い

3.価格が片寄っていない

 

これらの条件を満たさないレンジだった場合、僕はポジションを落としたり・・・

最悪の場合、エントリーを見送ったりします。

 

ではなぜ上の条件が必要なのでしょうか??

以下にその考察を書いてみましょう。

 

1.同じ価格で止められている

 

同じ価格で止められているとはレンジの端(はし)がそろっているということ。

逆にそろっていないものはどういうものかというと以下のようなやつです。

 

f:id:yukihiro0201:20161208191223j:plain

 

これ、いっけん水平レンジに見えますよね??

でも実は微妙に斜めになっているんですよ。

 

f:id:yukihiro0201:20161208191338j:plain

 

なので「レンジ抜けた」と思い、矢印のところでエントリーしたら跳ね返される可能性が高いです。

三角持ち合いなんかもそうですね。

 

f:id:yukihiro0201:20161208191554j:plain

 

「レンジ抜けた」と思って矢印のところでエントリーしても最安値のラインで止められたりします。

僕は三角持ち合いの場合、基本的にブレイクアウトのエントリーはしません。

参考:レンジパターン全8つ攻略!相場の形でFXの値動きを予想する

 

2.値幅が狭い

 

たとえレンジの形がキレイであったとしても・・・

すでにその日、大きな値幅が出ている場合は注意が必要です。

 

f:id:yukihiro0201:20161209103403j:plain

 

前日のNY市場終了以降で値幅がすでに70pips以上出ているものはレンジブレイクしたとしてもあまり伸びない傾向にあります。

なぜなら各通貨ペアの1日の平均値幅はだいたい100~120pipsぐらいだからです。

参考:簡単に自分で計算できる!各通貨ペアのボラティリティ一覧

 

もうすでに半分以上の値幅が出てしまっているので伸びる余地があまりないんですよね。

ちなみに前日のNY市場の終了時間は冬時間の現在だと午前6時です。

 

ただしGBPJPYだけは例外!!

こいつは暴れ馬なのでレンジ幅が70pipsぐらいならまだイケます。笑

90~100pips越えてたら危ないかなという感じです。

 

またこれは相場の状況にもよりますね。

例えば今回のアメリカ大統領選後みたいにガンガン一方向に値が伸びていくような場合・・・

平均の値幅自体が大きくなるので多少無理しても利幅は取れます。

 

3.価格が片寄っていない

 

価格が上や下に片寄っていない均等な形のレンジが良いです。

上部分に価格が片寄ったレンジの例を描くと以下のようなもの。

 

f:id:yukihiro0201:20161208192641j:plain

 

いわばレンジの中にさらにレンジができているような状況ですね。

 

f:id:yukihiro0201:20161208192724j:plain

 

こうなると1本目の矢印部分ですでに小さなレンジブレイクが起こっていることになります。

赤点線で囲った部分で溜まったエネルギーはここで使われてしまうんですね。

なので2本目の矢印部分のときには大きくブレイクするだけの力が残っていません。

 

このレンジパターンについては以前動画で解説したことがあります。

もし良かったら見てください。

 

 

まとめ

 

ブレイクアウトは焦らず2回目の伸びを取っていきましょう。

またキレイな形のレンジのみを狙うようにすると良いです。

それだけで利食いになる可能性を格段に上げることができます。