読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」

意外と知られていない香港でビジネスをするメリット

旅の記録 旅の記事すべて


f:id:yukihiro0201:20150611145000j:plain


前回、税金がゼロになる?!「オフショア金融センター」での資産運用とはというブログを書きました。

オフショア金融センターとして有名なところは、香港とシンガポールでしょう。

どちらの国もよく、「税金の安さ」が取り上げられます。


例えば、香港の法人税は最高16.5%と、日本の38.37%の半分以下です。

さらに所得税は最高17%と、日本の40%を大きく下回ります。


僕は一時期、香港で働いていました。

そのとき多くの日本人経営者が、香港に会社を作りに来ていたのを見ています。


しかしこの税金の安さは、必ずしもメリットになりません。

なぜなら日本居住者が香港で法人を作る場合、それ相当の理由がなければ、タックスヘイブン税制の対象となるからです。


この税制の対象になると、香港法人の利益は日本で合算課税されます。

つまり、結局は日本の税率で税金を納めなくてはならないのです。


さらに悪質な場合(登記のみで実態がないなど)、脱税とみなされてペナルティーが科されることもあります。

したがって、節税のみを目的に香港法人を作ることは、あまり賢い策ではないのです。


意外と知られていない、香港でビジネスをするメリットの1つに、「治安の良さ」が挙げられます。


香港警察は非常に優秀で、世界の5大警察機関の1つに数えられています。

(ちなみに残りの4つは、東京・ニューヨーク・ロンドン・パリ)


市民の数に対する警察官の数の割合は世界一で、犯罪発生率は世界最低水準です。

さらにマルチナショナルな都市なので、多くの言語にも対応しています。


実際、香港に住んでいたとき、僕はよく夜の散歩に出かけていました。

街中は深夜でも明るく、24時間営業のお店も多いので、恐怖を感じたことは一度もありません。

若い女の子が、夜中1人で歩いているのも、よく見かけました。


治安の良い日本にいると、当たり前のように感じますが・・・

夜中に出歩ける街というのは、世界にそう多く存在しません。

「安全である」というのは、その街の大きな資産なのです!!


殺されてしまったら、ビジネスも何もないですからね~