読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」

副業FXで稼げるようになったら専業になると言う人はダメ

FXお得情報 FXの記事すべて


f:id:yukihiro0201:20150810161443j:plain


たぶんトレードって副業からスタートする人が大半ですよね。

そしてある程度稼げるようになったら、会社を辞めて専業になりたいと考えている人は多いでしょう。

 

これが実現できれば、ほとんどリスクなく自分の事業を始められます。

ただこれを実現させるのはけっこう難しいと僕は考えています。

なぜなら成果を出す人のやり方ではないから!!


プロフェッショナルの条件」というドラッガーの著書があります。

「マネジメント」で有名なドラッガーですが・・・

これは個人の生き方や働き方について書かれた本です。


ドラッガーの著作10点および論文1点からエッセンスを抜き出し、ドラッガー自身が加筆修正しています。

「ドラッガーの入門書」として最高の1冊です。



この本の中でドラッガーは「成果を出す者は非生産的な時間をまず退ける」と言っています。

最初に自分の時間を奪うものを排除し、目標達成に使える時間を大きく確保するのです。


「時間」は成果の限界を決める最も大きな要因です。

しかもそれは借りたり貯めたり買ったりすることができません。


「時間」は成果を出すのに最も必要で、しかも他のもので代替できない一番貴重な財産なのです!!

参考:隙間(すきま)時間は財産!有効な活用法はオーディオブック

 

では1日のうちで最も大きく時間を割いているものは何でしょう??

それはやはり本業の仕事です。


僕はこれまで8年間ずっとトレードをやってきました。

しかしそのうち6年以上は会社に勤めながらの副業です。


「トレードで専業になりたい」という気持ちはあったものの、実際1日の大半はトレードと無関係のことを行っている・・・

「このままダラダラやってて本当に専業になれるのか??」と僕はずっと疑問に感じていました。


そして母の病気をきっかけに専業になることを決意したのです

そのときトレードで稼げていたわけではありませんが。笑

参考:脱サラする勇気はなかったけど…神様の導きで独立することに

 

振り返ってみると、副業でやっていた7年間より専業になってからの1年間の方が大きく成長できています!!

それは単純にトレーディングに使える時間が増えたからでしょう。



もしあなたが本気で専業トレーダーになることを考えているなら・・・

この「時間」という制約と真剣に向き合うべきです!!

 

一番良いのはやはり、仕事をやめてトレードのみに集中することでしょう。

しかし方法はそれだけではありません。



例えば会社によって、午前だけの時短勤務にすることが可能かもしれません。

そうなれば午後から、金融取引の主戦場であるロンドン・ニューヨーク市場が使えるわけです。



他には仕事をアルバイトに切り替えるという手段もあります。

そうすれば自分の好きな時間帯をトレードにあてることができるでしょう。



ちなみに僕は塾で英語教師のアルバイトをしています!!

最初トレードで稼げるか不安だったので、独立したのと同時に始めました。


最初は一時的なものと考えていましたが・・・

「教師」という仕事が意外と自分には合っていたみたいで、学生に英語を教えるのがとても楽しい。笑

英語力の維持にもなるし、トレードで稼げるようになった現在でも続けています!!


ここまでの話を聞いて、以下のように考える人もいると思います。

 

「いやいや、そこまでする必要ないだろ」

「今さらアルバイトなんてカッコ悪い」



そういう人はおそらく、本気で専業トレーダーになろうとは考えていないのです。

本気で考えていたら、それを達成するためになりふり構わなくなるはずですからね。

 

失敗を恐れる気持ちは普通の人であれば当然出てきます。

でも失敗したって死ぬわけではありません。

参考:FXトレードも人生も損益率を計算して決めたら迷わないよ


たとえ失敗に終わっても、自分がまだ若ければキャリアをやり直すことは十分に可能です。

でもあれこれと理由を付けて自分の夢を先延ばしするほど、キャリアのやり直しは難しくなっていきます。


つまるところ一歩を踏み出せるかどうかです。

トレードと同じで不確実な中でも積極的にリスクを取り、リターンを狙っていけるかにかかっています。

本気の人はぜひ、その一歩を踏み出してみてください!!