読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXトレンドフォロー手法が恐ろしいほど機能する相場環境2つ

手法 FXの記事すべて 心理


f:id:yukihiro0201:20170307180619j:plain


あなたはトレンドフォロー手法に適した相場の形というものを知っていますか??

今日はFXトレードでトレンドフォロー手法が恐ろしいほど機能する相場環境を2つお伝えしましょう!!

 

【もくじ】

 

トレンドフォローに適した相場とは

 

以前のブログでFXトレードはトレンドフォロー(順張り)手法が有利と書きました。

そしてダウ理論を使ったトレンド有無の判断方法をお伝えしたのです。

参考:超分かりやすい!ダウ理論でトレンド有無を判断する方法

 

しかしトレンドが出ているからといって・・・

ただ闇雲にトレンドフォロー手法を仕掛ければ良いというわけではありません!!

 

実はトレンド相場の中にも「トレンドフォロー手法に適した形」というのが存在します。

それは以下の2つです。


1.長期と短期のトレンドが一致している

2.時間をかけてゆっくり伸びていく


では、それぞれについて解説していきましょう!!

 

長期と短期のトレンドが一致している



下の1時間足チャート、どちらがトレンドフォロー手法に向いているでしょう??



f:id:yukihiro0201:20150527223931p:plain




どっちも一緒ですよね??

コピー&ペーストしただけなので一緒のはずです。笑


ではこれらに加えて、日足チャートがこうなっていたらどうでしょう??


f:id:yukihiro0201:20150527224032p:plain




こうなると明らかにAの方がトレンドフォロー手法に向いています。

なぜなら短期足と長期足のトレンド方向が一致しているから!!


Bの場合、1時間足ではアップトレンドですが日足ではダウントレンドです。

そうなると、この1時間足のアップトレンドは日足レベルではただの「戻し」である可能性が高い!!


f:id:yukihiro0201:20150527224217p:plain




したがってBで買いエントリーすると・・・

近いうちに下降が始まって損切りになる可能性が高いでしょう。


長期足のトレンドは短期足のトレンドより強いです!!

 

トレンドフォロー手法でエントリーするときは、長期足のトレンドをしっかりと確認するようにしてください。

参考:FXトレードの相場環境認識で一番に意識すべきは長期足だ!

 

時間をかけてゆっくり伸びていく

 

次に下の1時間足チャート、どちらがトレンドフォロー手法に向いているでしょう??



f:id:yukihiro0201:20150528135041p:plain




今回は極端ですね・・・


多くの人は短時間でガンガン上げていくAの方を強いトレンドとして認識します。

そして「この勢いに自分も乗りたい!!」と考え、この動きに飛び乗るのです。



しかし多くの場合、そこから伸びずに反転に巻き込まれて損切りになってしまいます。

あなたにもそんな経験がありませんか??笑

 

実はBの方がトレンドが継続する可能性が高く、トレンドフォロー手法に向いています。

なぜなら売り手が簡単に逃げないからです!!


上記A・Bのチャートで、売りポジションを持っている側の気持ちを想像してみてください。


Aの場合、価格がグングン上昇してどんどん陽線が長くなっていきます。

そんな状態で売りポジションを持っていたら、めちゃくちゃ怖くないですか??


瞬く間に含み損が発生し、それが秒単位で大きくなっていく・・・

きっと多くの人は恐ろしくなって逃げようとするはずです。


するとたまっていた売りポジションはほとんど損切りされるので、相場に買いエネルギーは残りません。

(売りポジションはいつか買い戻されるので、潜在的な「買いエネルギー」と見なせます)

 

売り手のほとんどは買い戻したため、また新たな買いが入ってこない限り相場はこれ以上伸びないのです。

短時間で大きく伸びるトレンドが長続きしないのにはそういった理由があります。


では逆にBの場合はどうでしょう??


ちょっと上げては下げ、またちょっと上げては下げ・・・

こうなると売り手は「ちょっと待ってたらまた下げるだろう」と考え、なかなか損切りを行いません。

それどころかナンピンをするような人たちさえ出てくるでしょう!!


すると相場にたまった売りポジションはなかなか解消されません。

相場を上昇させる「買いエネルギー」として、長い間そこにとどまり続けるのです。

 

これがBの方が長期のトレンドになりやすい理屈になります。

相場はいつも負けている側がトレンドを作っているのです!!

ぜひ覚えておいてください。

 

ちなみにこれは売り手側だけでなく、買い手側の心理からでも考えることができます。

 

上昇トレンドが長期継続するためには、やはり新規の買いが入って来ることも条件になります。

しかし新規の注文は大口でドンッと入ってくるようなものではありません。

 

例えば、ある金融機関が100億円の買いを入れたいと考えたとき・・・

彼らはいきなり100億円を全部ブッコむようなことはしません!!

たいていは少しでも有利な価格で買えるよう、少しづつ小分けにして慎重にエントリーしていきます。

 

したがって新規の買いが入ってきているときはBのようにジリジリと上げるパターンが多くなるのです。

こういった面からもBの方が長く上昇していく相場だということが分かります。

 

まとめ

 

トレンド相場の中にも「トレンドフォロー手法に適した形」というものが2つ存在します。

まず1つ目は「短期足と長期足のトレンド方向が一致している相場」・・・

そして2つ目は「時間をかけてゆっくりと伸びていく相場」です。