読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」

ダウ理論でトレンドを定義し自分のFX手法に有利な相場を探す

手法 FXの記事すべて


f:id:yukihiro0201:20150526155609j:plain


前回、FXトレードではトレンドに従うのが一番賢いやり方と書きました。

参考:この世にトレード手法は2つしか存在しない!!ではFXに向いているのはどっち??

それを実行するには、自分の中にしっかりとした「トレンドの定義」を持っていないといけません。


「トレンド」とは一体何か??

その答えとなるのが、「ダウ理論」です!!


ダウ理論は、チャールズ・ダウが100年以上も前に提唱した、市場での値動きを評価するための理論です。

テクニカル分析の元祖であり、今日の多くのトレード手法の基礎となっています。


ダウ理論によると、トレンドには以下3つの種類があります。


1.アップトレンド
f:id:yukihiro0201:20150526151047p:plain



2.ダウントレンド
f:id:yukihiro0201:20150526151233p:plain



3.トレンドレス
f:id:yukihiro0201:20150526151431p:plain



では、それぞれどのように区別するのでしょう??


アップトレンドの場合、直近の安値と高値が、前回の安値と高値をそれぞれ切り上げていることが、条件となります。



f:id:yukihiro0201:20150526153113p:plain



ダウントレンドはこの逆です。


そして、それらの条件を満たさなくなったとき、トレンドが崩れたと見なし、トレンドレスとなります。

下の図はいずれもトレンドが崩れ、トレンドレスとなった例です。


f:id:yukihiro0201:20150526181504p:plain



f:id:yukihiro0201:20150526154207p:plain



このようにトレンドの定義を決め、それによってトレンドの有無を見極めることはトレードを行う上で非常に重要です。

なぜならこれによって、自分に有利な相場を探すことができるから!!



自分の手法がトレンドフォローの場合、上記トレンドの条件が整った場面で仕掛けていくと、利食える可能性が高くなります。

逆にトレンドレスの場面で仕掛けると、損切りになる可能性が高いでしょう。

自分の手法を生かすも殺すも、この「トレンド有無の見極め」にかかっているのです!!


次回はトレンドフォローに適した相場を、さらに掘り下げていきます。


(FXのトレンドフォロー手法を最大限生かせる相場の見分け方に続く)

 

P.S.

ダウ理論やそれをもとにしたトレンド判定は、以前紹介した「先物市場のテクニカル分析」という本に、74ページ(!!)にわたって詳細に解説してあります。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍11選

なので詳しく学びたい人は、ぜひそちらを読んでみてください。