読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







海外旅行保険でフィリピンの病院に行き人生レッスンを受けた

旅の記録 旅の秘訣 旅の記事すべて


f:id:yukihiro0201:20150522134311j:plain


前回、海外旅行保険の選び方について
書きました。

参考:海外旅行保険を比較検討するときに確認すべき重要項目4つ



今回は僕が実際に海外で旅行保険を使った話です!!

 

僕は旅先の街を歩いて見て回るのが大好きです。

有名な観光地よりも、何気ない街並みやそこに住む人々の生活を見る方が楽しい!!

1日10~15km歩くのでダイエットにもなりますし。笑


なのでフィリピンに滞在していたときも、マニラ市内を色々と歩き回っていました。

しかし歩いているうちにだんだん足の裏が痛くなってきたのです。


「フィリピンで買った安物のサンダルが足に合わなかったか」

「まあ1日休んだら痛みも消えるでしょ」


その日は早めに宿に帰って休息を取りました。


さて次の日、痛みは消えるどころか普通に歩けないほどヒドい状態に!!

「これはさすがにヤバいかも・・・」

僕は海外旅行保険を使って病院に行くことを決意しました。


宿のフロントから電話を借り、日本語サポートに電話。

状況を説明すると「病院を探すので10分後に折り返し電話します」とのこと。


それから5分ほどで折り返しがあり、以下のような回答がありました。

「これからセントルークスという病院に行ってもらいます」

「タクシーをそちらに送ったのでそれに乗ってください」


お迎えが来るのか、スゲー!!

来たタクシーに乗ると、運転手さんは行き先も聞かずに走り出しました。


病院についてみるとビックリ仰天!!

それは高級ホテルのような外観で、入り口にはドアマンがいました。


f:id:yukihiro0201:20150522180025j:plain



後から調べてみると、僕が行った「セントルークス」という病院はフィリピンでトップの医療施設でした。

東南アジア最先端の医療病院として、日本にもないような医療器具を揃えているそうです。

JCIというアメリカの医療認証機関の水準も満たしています。


近年、より良い医療を受けることを目的に海外へ行く「医療ツーリズム」が広がりを見せています。

それを取り込むためにフィリピン政府の肝いりで作られた病院らしいです。


運転手さんにお金を払おうとすると「いらない」と言われました。

保険の方ですでにタクシー代が立て替えられていたようです。


僕はドアマンに誘導され、病院へと入って行きました。

 

ロビーに入ってすぐ「ゆきひろさんですか??」と聞く声が・・・

振り返ると50代ぐらいのダンディーな日本人男性がいました。


「今日、通訳を担当させていただく○○です」

「さっそくですが受付を済ましちゃいましょうか」


そう言うと慣れた感じで受付を済ませ、僕を診察室まで案内してくれました。


診察までちょっと待ち時間があったので、僕とその通訳の方は世間話を始めました。

彼はフィリピンで自分の会社を経営しているのと同時に、医療通訳者としても働いているとのこと。


その当時、海外で働くことに興味を持っていた僕は火が付きました!!

「これはおもしろい話が聞けるぞ」と彼のことを根掘り葉掘り聞いてみたんです。笑

すると思いがけないディープな話が出てきました・・・


彼はもともと日本でサラリーマンとして働いていたようです。

しかしフィリピンパブにハマって、フィリピン人女性と関係を持ったことが彼の人生を大きく変えました。

その女性に自分との子供ができたのです!!


彼はその女性と結婚して子供を出産しました。

そして最初は日本で生活していたものの、子供へのイジメを機にフィリピンへ移住することに・・・


最初は「言葉が分からない」「お金がない」「環境が合わない」で大変だったらしいです。

それでもなんとか、生活できるところまでもっていったとのこと。


そこまで聞いて、僕に診察の順番が回ってきました。

レントゲンを撮ったりして色々と調べてもらいましたが、足に異常は見つからず。

結局、痛み止めの薬をもらって帰ることになりました。


その病院は保険のキャッシュレスサービスに対応していたので、お金は必要なかったです。

診察を終えてロビーで薬をもらったら「もう、帰っていいよ」と言われました。


ロビーを出るとドアマンがタクシーを呼んでくれました。

この帰りのタクシーも保険がカバーしてくれていたようで、お金は払わなかったです。


通訳の方に最後のお礼を言ったとき、彼は僕にこう言いました。

「まだ君は若いから言っとくけど、女性と簡単に関係を持ったらダメだよ」

とても重みのある人生のレッスンでした・・・



P.S.


海外に出るときには、しっかりと海外旅行保険に入っておきましょう!!

 

参考:年会費無料で海外旅行保険が付くおすすめクレジットカード3つ