読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







海外旅行保険を比較検討するときに確認すべき重要項目4つ

旅の秘訣 旅の記事すべて


f:id:yukihiro0201:20150521161515j:plain


多くの人は「自分は健康だ」「数日の旅行ぐらい大丈夫」と考えます。

しかし旅行中に何が起こるかなんて誰も予測できません。



僕は海外旅行保険をパスポートと同様、海外旅行の必須アイテムとしています!!



健康に自信があっても、慣れない環境でのストレスにより思いがけない病気になることがあります。

また自分に非はなくても、交通事故などの外的要因で怪我をすることだってあるのです。


しかも海外旅行保険は単に病気や怪我をカバーするだけのものではありません。

下の例みたいな携行品損害や飛行機遅延の補償も受けられます。


・空港で預けたスーツケースが壊れて返ってきた。

・レストランで知らぬ間にカバンを盗まれた。

・悪天候で飛行機が飛ばず延泊となった。


しかし海外旅行保険は色々と複雑でとにかく分かりにくい!!

なので僕は見るべきポイントをしぼっています。

保険を選ぶときは最低でも以下の条件を満たしているかを確認しましょう!!


1.1000万円以上の治療費補償


海外の病院、特に日本レベルの医療を受けられるところは高額です。

日本では10万円以下の盲腸手術がアメリカでは300万円もします!!

(ちなみにアメリカ人の破産原因の多くは治療費です)


大きな病気や怪我にあったときに備えて1000万円は欲しいですね。


2.救援費用を治療費とは別に補償


病院まで運んでもらったり医療通訳者を手配するのにもお金がかかります。

しかもこれらは治療費としてカバーされません!!

治療費とは別に救援費用も十分な補償が受けられるものが良いです。


3.24時間365日の日本語サポート


英語がある程度できる人でも、病院の予約や症状の説明には手こずるでしょう。

そもそも慣れていない土地だとどこに病院があるのかすら分かりません。


緊急のときだからこそ、日本語でプロに丸投げできるサービスが助けになります。

参考:海外旅行保険でフィリピンの病院に行き人生レッスンを受けた

 

4.持ち物が壊れた・盗まれたときの補償


僕は旅に出るたびに必ず何かをなくします・・・笑

参考:旅先でパンツをなくして得た教訓…人生は捨てる決断が重要



旅行では気分が舞い上がり遊び疲れて、注意力が散漫になりがちです。

僕みたいにいい加減な人は、絶対に携行品補償が付いているものを選びましょう!!


僕は海外で強盗に遭いかけましたし、食中毒にもなりました。

参考:オーストラリアで黒人3人に囲まれて殺されかけた話

参考:インドの屋台でジュース飲んだらお腹壊してトイレで失神した


保険なんて一日数百円のものです。

備えておいて損はないですよ~



P.S.

 

「いちいち申し込むのが面倒」「保険料がもったいない」と言う、そこのアナタ!!

クレジットカードに付いてくる海外旅行保険を使うという手もあります。

 

参考:年会費無料で海外旅行保険が付くおすすめクレジットカード3つ

 



これならいちいち申し込む手間がなく、しかも無料です!!

 

短期の海外旅行ならこれでも十分ですね。