トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXで月初めから損失を出さないためのポジション調整方法

f:id:yukihiro0201:20150510152336j:plain


新たな月に入るとこれまでの損益をいったんリセットして、また新たに計算しなおす人は多いでしょう。

今日は月初からいきなり損失とならないためのポジション調整方法を書いていきます!!

 


【もくじ】

 

月で区切る

 

FXトレードの記録や成績を月ごとで区切っている人は多いでしょう。

学校でつけていた学習記録表や会社の目標数値などは月ごとにリセットされることが多いので・・・

僕らは自然と「ひと月をひと区切り」と認識しています。

 

また為替相場は月によって値動きが大きく変わってきます。

参考:FXトレーダー必見!各月の為替アノマリーとその勝率を教える

したがって月ごとに気持ちを切り替えて相場に向かうことは良いことです。

 

月初めは動かない

 

しかし「月初め」には十分に注意しましょう。

なぜなら為替相場は月初めにあまり値が動かないから!!

 

毎月第1週の金曜日にはアメリカの雇用統計が発表されます。

これには世界中の相場関係者が注目しており、発表後は相場が大きく動きます。

実際、雇用統計の発表前後での値動きはこんな感じです。

 

・ユーロドル

f:id:yukihiro0201:20150510141918g:plain



・ドル円

f:id:yukihiro0201:20150510142137g:plain




参考:羊飼いのFX(外国為替)ブログ

 

相場は拡大と縮小を繰り返す性質があります。

参考:相場の大原則!FXトレードにおけるボラティリティの性質2つ

 

つまり雇用統計発表後に値が大きく動く(拡大する)ということは・・・

それまでの相場は縮小傾向にあるということです!!

 

実際に以下のような為替ニュースを目にしたことがあるでしょう。

「○日後の雇用統計発表を控えて市場は様子見ムード」

これはまさに相場が縮小傾向になっていることを示しています。

 

こういった相場が動かないときにFXトレードをすると損切りになる可能性が高くなります。

したがって月初にいきなり全力で取引すると損失を出す可能性が高いのです。

 

月初にいきなりマイナスとなると精神的にツラいですよ~

したがって僕は第1週はポジションを抑えてFXトレードしています。

間違っても月初にいつも以上のポジションを取るなどということはしません!!

 

月初めは要注意

 

しかし多くの人は月初めになると気が大きくなって・・・

いつも以上にFXトレードをしがちになります。

 

その1つ目の理由は損失がリセットされるからです。

 

これまでずっと損失を抱えていた場合・・・

「これ以上の損は出せない」と前月は慎重にFXトレードしてきたことでしょう。

 

それが新たな月に入ってまたゼロからのスタートになるのです。

「よし、気持ちを新たに再スタートだ!!」

そう意気込んで積極的にFXトレードしだすようになります。

 

しかも前月慎重に動いてきた分、開放的になってタガが外れてしまいがち。笑

そうやってまた損失を出してしまいます。

 

また2つ目の理由は思わぬ利益が出たからです。

 

前月に大きく利益を出したときなど人は気が大きくなります。

 

「自分はFXトレードが上手になったな」

「資金も増えたし来月からポジションを増やすか」

 

こんな感じで月初から取引量を多くしてしまうのです。

そして前月稼いだ分を吐き出してしまいます。

 

いつポジションを増やせば良いか

 

上記の内容を踏まえれば・・・

月初にいきなりポジションを増やすのは得策ではないということが分かるでしょう。

では、いつポジション量を増やすべきなのでしょうか??

 

以前紹介した「待つFX」という本には以下のように書いてあります。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍12選

 

 

枚数を増やすのでしたら1か月のうちの第2週の火曜日からにしてください。

なぜなら雇用統計前と第2週目の月曜日はあまり動かないからです。

 

 

第2週の月曜日は雇用統計明けで相場が大きく動いた直後です。

上で説明した通り、値動きが拡大した後は縮小局面に入るため・・・

雇用統計直後の月曜日はレンジであることが多くなります。

 

雇用統計発表が終わり、値動きが戻ってきた第2週の火曜日から本当の戦いが始まるのです!!


まとめ

 

月初めは普段より大きめのポジションで積極的にFXトレードしがちです。

しかし月初はあまり値が動かないため損をする可能性が大きくなります。

ポジションを増やすのは第2週の火曜日まで待ちましょう!!