読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







お金持ちになりたいなら消費型ではなく投資型の仕事をしよう

f:id:yukihiro0201:20150525194209j:plain


先日、新しいコンタクトを作りに眼科へ行きました。

そこの待合室に「大好きなことをしてお金持ちになる」という、本田健さんの本が置いてあったんです。



病院の待合室にふさわしくないタイトルに、思わず吹き出しました。笑

しかし健さんの著書が大好きな僕は、もちろん手に取っちゃいます。


診察の順番を待つちょっとした時間だったので、最初の部分しか読めませんでしたが・・・

とても良いことが書いてあったので、ここでシェアしたいと思います。


あなたの仕事は「投資」ですか??

それとも「消費」ですか??

なんでも仕事には「投資」と「消費」の2種類があるとのこと。


自分の時間と労働力を交換するだけの仕事は「消費」です。

自分のやったことが将来の収入につながるような仕事は「投資」です。


例えば「社員」という働き方は基本的に「消費」となります。

働けばその月の給料はもらえますが、働かなければ翌月の給料はゼロになってしまうからです。


逆に「不動産賃貸」という仕事は「投資」です。

一度借り手を見つけてしまえば、そこから継続的に「賃料」という収入を得られます。


FXトレードはやり方によって「消費」にも「投資」にもなります。


パソコンモニターの前に座り、カチャカチャ取引する人は「消費」でしょう。

その人が病気で入院して取引できなくなったら、収入がゼロになるからです。


でも自分のトレードルールをプログラムに落とし込み、自動売買にしている人は「投資」です。

コンピュータがあなたに代わって、継続的に収入をもたらしてくれます。


ちなみに僕はこれらのハイブリッドです。

相場環境の認識やエントリーの可否など、感覚的でプログラムにしにくいところは自分で行っています。

しかしエントリーポイントの絞り込みや決済などは、アラームや指値注文を設定することで自動化しています。


あと、これらは自分の心がけでも変わってくるでしょう。


例えば僕は以前、海外の金融コンサル会社で働いていました。

参考:ノマドワーカーと出会ってFXほど素敵な仕事はないと悟る

そこではサラリーマンだったので、普通に考えたら「消費」の仕事です。


でも僕はそこでの仕事がFXトレードに役立つと考え、一生懸命に取り組みました。

そして実際、そこで学んだことは現在の仕事に活かされています。

そうなると投資会社での仕事は、今の収入につながっているという意味では「投資」でもあったわけです。


この世にムダなことなんて1つもありません。

「将来に生かそう」という気持ちで取り組めば、どんな仕事だって「投資」になります。


どうせやるなら前向きな姿勢で向かいましょう!!