読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







損切りでメンタルやばい…FXロスカットの苦痛を消す対策3つ



f:id:yukihiro0201:20150410155112j:plain


FXトレードで損切りをするとお金を失った苦痛でメンタルがやられるという方へ。

今日はその苦痛をやわらげる方法を伝授しましょう。

 

【もくじ】

 

損切りが苦痛じゃなくなった



これまでFXトレードで数多くの損切りを経験してきた中で・・・

「僕も一人前になったな」と感じた瞬間があります。

それは「お金を失う痛みを感じなくなった」ときです。



これまでこのブログで何度か書きましたが、僕はケチです。

参考:親友と旅行先で大喧嘩したけど旅を通じて仲直りできた話

参考:瀬戸内国際芸術祭2016でパスポートチケットは必須と悟る…

 

必要ないものにお金を使わないのはもちろん・・・

必要なものに対しても10円単位でケチります!!

 

体に悪いことは承知の上で、お値段がお得なマックが大好きです。笑

参考:香港ではマックで結婚式?マクドナルドの国別の違いが面白い

 

それでもFXトレードでは1回10分の取引で5万円とか簡単に損切りします。

「損切りになっちゃったか~(棒読み)」みたいな感じです。笑


これに最初気づいたとき、自分の中ではけっこう驚きだったんですよ!!

普段10円をケチる僕がFXトレードでは10分で5万円失っても平気なんだと・・・


苦痛を感じなくなった理由

 

これは間違いなく「経験」によるものです。

 

FXトレードを始めた当初、僕は損切りになったお金を色々なモノに置き換えていました。

「あぁ、この損切りがなければビックマックを10個は食べれたぞ」みたいな感じで。笑


でもその損切りを100回・1000回と重ねていくうちに・・・

FXトレードでお金を失うことに慣れちゃったんです。

まあ1000回も「あぁ、・・・」なんてやってたら精神壊れますからね。笑


また自分の手法に対する理解が深まったのも要因です。


数多くのFXトレードをこなすうちに・・・

自分の手法の勝率がだいたいどれぐらいか把握できるようになりました。

したがって自分がどれぐらいの確率で負けるかも分かっているのです。


だから損切りが発生しても、その確率内でおさまっている限りは何とも思いません。

取引を何回か積み重ねていけば、最終的に勝ちトレードの方が多くなることを知っているからです。

参考:あなたはすでに稼げるFXトレード手法と6億円を持っています

 

損切り≠リスク受け入れ

 

「キッチリと損切りを設定してリスクを受け入れることが大切」


FXトレーダーなら誰もが聞いたことのあるフレーズだと思います。

しかしこれを本当の意味で理解している人は少ないです。


多くの人はFXトレードを仕掛けるときに自分がリスクを取っていることを知っています。

そして逆指値を設定することで「自分はそのリスクを受け入れた」と考えるのです。


しかしこの考えは間違っています。

「損切りを置く=リスクを受け入れる」ではありません!!


「値が逆行して損切りライン間近まで来たら胃がキリキリする」

「損切りトレードが続くとイライラして暴言を吐く」

 

これらに心当たりがある場合・・・

あなたはFXトレードのリスクを完全には受け入れられていません。

心のどこかで「損切りするハメになる」とは信じていなかったのです。


そういう人はやはり無意識にでもリスクを避けようとしてしまいます。

表面的にはリスクを受け入れているように見えても・・・

心の奥底では損切りになることを恐れているからです。

 

しかしFXトレードにおいてリスクを避けることはできません。

参考:リスクは絶対避けるな!人生にも役立つFXのリスク管理方法

 

すると、どうなるか??

避けられないものを避けようとする中で、自分の心の中で弊害(へいがい)や葛藤(かっとう)が生まれます。

その結果、自分のFXトレードがうまくいかなくなるのです。

 

本物のFXトレーダーはリスクがあることを理解しているだけではなく・・・

そのリスクを完全に受け入れています。

 

したがって損切りしても不愉快な気持ちになることはありません。

つまりFXトレードに付きものであるリスクで自分の規律・集中力・自信を失うことがないのです。

 

損切りの苦痛を消す対策

 

「FXトレードの損切りで苦痛を感じないようにする」

これは言うのは簡単でもなかなか身に付けることはできません。

 

実際FXトレードを始めてからずっと僕は損切りが苦痛でたまらなかったです。

会社で長時間働いて稼いだお金がものの数分で吹っ飛んでしまう・・・

損切りをした日はいつも暗い気持ちになり、やる気が起こらなくなりました。


このダメージを何とか軽減できないかと僕は前から色々と試してきました。

今日はそんな僕がこれまで編み出してきた、超簡単な対処法をご紹介します!!


1.損切りの練習だと考える

 

利益を期待するから損切りを痛く感じるのです。

FXトレードする目的を「利益を出す」から「損切りの練習をする」に変えましょう!!


損切りの練習なので損切りにならないと話になりません。

だからエントリーする前に「このトレードよ、損切りになれ」と願うのです。笑


そして無事に損切りとなったら「いい練習になった」とガッツポーズをします。

そしてちゃんとルール通りに損切りできた自分をめっちゃ褒めましょう!!


2.「損切り」という名前を変える

 

もう損切りの「損」という字からネガティブオーラがプンプンです。笑

こんな言葉を使うから「イヤだな~」と思ってしまうんですよ。

参考:FXで損切りできない方へ!ロスカットルールを守る秘策3つ

 

これからは損切りのことを「資金回収」と言い換えましょう。

「あのトレード、全然ダメだったから資金回収してやったぜ」

上から目線でそう言い放つのです!!


何ならこの際、損切りのことを「ドラえもん」と呼んでもいいですよ。

「今度のトレードはうまくいくと思ったけどドラえもんになっちゃった」

そう言えば残念そうには聞こえないでしょう。笑


3.お金で換算しない


トレード記録に「-10万円」と書いてあるのを見たら普通にヘコみます。

円換算するからダメなのです!!


例えば「pips(ピプス)」でトレード記録をつけてみてはどうですか??

「-10万円」より「-20pips」の方が、後で見返したとき明らかにダメージの大きさが違います。


どうしても金額で記録を残したいときは、1000円=1ポイントとしてケタと単位を変えましょう。

「-10万円」なら「-10ポイント」です。

これだけで見た目の数字が小さくなり、かつダイレクトに金額が目に入ってきません。

 

まとめ

 

損切りで苦痛を感じるようだと適切なFXトレードができません。

お金を失うことに痛みを感じる人は少しでもその苦痛を消す工夫をすべきです。

 

今回のブログでは僕がこれまであみ出してきた「損切りの苦痛を消す対策」を3つ紹介しました。

これらは今日からすぐにできるものばかりなのでぜひ試してみてください!!