読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXで絶対確実に勝てる方法が実はこの世に2つだけ存在します!

FXの記事すべて 手法


f:id:yukihiro0201:20150317154255j:plain


「FXトレードにおいて100%勝てる手法なんてない」

僕がこのブログで度々言っているセリフです。

 

しかしこれ、実はウソなんですよ。笑

 

FXで絶対確実に勝てる方法

 

あくまで空想的(実現するのがムリ)な話になってしまいますが・・・

FXトレードで絶対確実に勝てる方法がこの世に存在します!!

それは以下の2つです。

 

1.ポジションの量を増やしていくこと

2.ポジションを持ちっぱなしにすること


なぜこれらの手法が最強なのか??

それをここから詳しく説明していきましょう!!

 

相場価格を動かす要因

 

相場価格を動かす要因って色々挙げられますよね。

インフレ率・経済成長率・貿易収支・金利差・消費動向・物価・雇用・国家財政・金融政策・市場介入・要人発言・選挙結果・規制や税制の変化・戦争や災害等の有事などなど・・・

 

しかしこれらはあくまでもキッカケにしかすぎません。

そして本当に相場価格を動かす要因というのは以下の2つしかないのです。

 

1.ポジションの量

2.ポジションの保有期間

 

ポジションの量が変わらないということは、ポジションを買い増したり売り増したりしないということです。

そしてポジションの保有期間が変わらないということは、ポジションを決済しないということ。

つまりこれら2つが止まってしまうと「売買」が起こらなくなります!!

 

インフレが100%進もうが、第三次世界大戦が起ころうが・・・

市場参加者がまったく売買をしなければ当然、相場価格は動きません。

したがってこの2つが相場を動かす唯一の要因なのです。

 

これについては以前紹介した「生き残りのディーリング」という本に詳しく書いてあります。



 

価格変動の本質を理解するためにもぜひ読んでみてください。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍11選


相場での強者とは

 

したがって相場では「ポジションを大きく取れる者」もしくは「長く保有できる者」が最強となります。


例えば潤沢な資産を利用して米ドルをほぼ買い占めてしまいましょう!!

そうすれば米ドルは間違いなく高騰し、自分が持っている米ドルは高値で売れます。


もしくはポジションを持ったら10年でも100年でも待ちましょう。

そのうちどうしてもポジションを決済せねばならず、損失覚悟で取引する相手が出てくるのです。


時間を味方につける

 

これらの観点から考えてみると・・・

個人FXトレーダーにとって強い味方となるのは「時間」です。



個人は「ポジションの量」で機関投資家に勝つことはできません。

日々何億、何兆というお金を動かしている銀行やファンドに一個人が太刀打ちなんかできないのです。

 

しかし「ポジションの保有期間」という点において個人は機関投資家より有利な立場にいます。

なぜなら僕たちはポジションの保有期間を自由に決められるからです。

 

銀行やファンドなどは長くても四半期ごとに結果を求められます。

したがって彼らはどうしても短期勝負になってしまい、時間を生かすことができません。


なので自分の性格や生活スタイルに合うのであれば「ポジショントレード」を選ぶことをおすすめします。

参考:FX初心者が自分に適したトレードスタイルを見つける方法3つ

短期になればなるほど個人FXトレーダーは勝つことが難しくなりますよ。

 

まとめ

 

FXトレードで確実に勝つにはポジションの「量」か「保有期間」を味方につける必要があります。

なぜならこれらが相場価格を動かす唯一の要因だからです。

個人FXトレーダーなら「保有期間」を味方につける戦略を取るのが賢いでしょう。