読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXで負けている人が知らない勝率と損益率のバランス調整方法

手法 FXの記事すべて リスク管理


f:id:yukihiro0201:20150123223654j:plain


自分のFXトレード手法が本当に利益を出せるものかを検証する作業はとても大切です。

今日は僕が10年FXをやってきた中で身に付けた「トレード手法の正しい検証方法」をお伝えします!!

 

検証作業で見るべき7つの点

 

検証作業では勝ちトレードと負けトレードをそれぞれ分析して、何か共通点がないかを探し出します。

そしてどう取引ルールを改善したら、より利益を出せる手法になるのかを考えるのです。

参考:FX初心者は必見!ゼロからトレードを本格的に始める手順4つ



ではその改善点を考えるとき、具体的にどこ見たら良いのでしょうか??

それは以下の7つです。



1.セットアップ

例)相場環境を判断する方法を変えてみる

 

2.エントリー

例)エントリールールを変えてみる。


3.イグジット

例)損切り・利食いのルールを変えてみる。


4.時間

例)トレードを行う時間帯を変えてみる。


5.通貨

例)取引する通貨ペアを変えてみる。


6.インジケーター

例)使用するインジケーターを変えてみる。


7.チャート

例)ラインの引き方などを変えてみる。


これら7つに着目して改善点を見つけるようにすると良いでしょう。

したがってFXトレードする際には、これらが後で分かるようにトレード結果を記録しておかなければいけません。

参考:FXトレード記録のつけ方!ノートに絶対書くべき10のこと

 

特にイグジットが重要

 

上記7つの中では特に3のイグジットが重要です。

損切り・利食いをどこに置くかでその手法の結果は大きく変わってきます!!



以前紹介した「ラリー・ウィリアムズの短期売買法」という本には以下のように書いてあります。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍12選

 

 

損切り注文の位置を変えるだけで負けるシステムが勝つシステムになる

 

したがって上記7つのうち、どこから手を付けたら良いか分からないという人は・・・

とりあえず損切りや利食いの方法を色々と変えてみて、結果がどう変わるかを確認してみましょう。



また手法を改良するときにはルールを「削る」もしくは「変更する」ことから考えるべきです。

ルールをどんどん加えていくとそれだけ複雑な手法になってしまい、良い手法から離れていきます。

参考:あなたのFXトレード手法をもっとシンプルにすべき理由3つ

 

手法改善を確認する2つの数字

 

手法の改善が上手くいっているか判断するには2つの数字を見ます。

それは「勝率」と「損益率」です!!


「勝率」とは勝ちトレードになる割合です。

勝率 = 勝ちトレード数 ÷ 総トレード数

例えば10回トレードをして6勝4敗であれば勝率は60%となります。

 

「損益率」とは利益と損失の比率です。

損益率 = 利益幅 ÷ 損失幅

例えば損切り10pips・利食い20pipsでいつも固定であれば損益率は2となります。

 

損切り幅・利食い幅がトレードによって違う場合は、それらの平均を出して損益率を計算しましょう。

ちなみに「損益率」は「利益率」「リスクリワードレシオ」「ペイオフレシオ」とも呼ばれます。


勝率と損益率のバランス調整方法

 

良いトレードをしているかは、この2つの数字のバランスで決まります。

たとえ勝率が90%でも1回の負けが大きければ(損益率が0.1以下であれば)お金は残らないのです。

いわゆる「コツコツドカン」というやつですね。

 

ではこの2つの数字のバランスが良いと判断するにはどうしたら良いのでしょう??

そのために以下の表を活用してください!!



勝率損益率
20% 8.0
30% 4.7
40% 3.0
50% 2.0
60% 1.3
70% 0.8
80% 0.5




この表の数字は「バルサラの破産確率表」というものをもとに算出しました。

「バルサラの破産確率表」についてはちょっと難しく、話すと長くなるのでここではその詳細を書きません。

興味のある人はネット検索などで調べてみてください。


この数字の組み合わせが利益を出すのに現実的で、かつ破産する可能性が低いものとなります。

ちなみに僕のこのFXトレード手法は勝率65%で損益率1ぐらいです。

参考:ラインを引くだけのシンプルなFXトレード手法を無料公開!

 

この表の数字に近くなるように自分の手法を改善していくのが正しいやり方です。

例えば自分の手法の勝率が50%であれば・・・

損益率が2.0以上となるように利食いや損切りポイントを考えなければいけません。

 

最初はこのバランス調整が難しいでしょうが・・・

やっていくうちに自分の手法がどこでバランスが取れるのか分かってくるはずです。

 

まとめ

 

検証作業で見るべき点は「セットアップ」「エントリー」「イグジット」「時間」「通貨」「インジケーター」「チャート」の7つです。

そしてこの中でも特に重要なのは「イグジット」となります。

したがって手法を改善するときはまず利食い・損切りを変えてみましょう。

 

また手法がちゃんと改善されているかを見るには「勝率」と「損益率」を確認する必要があります。

この2つの数字のバランスが取れて初めて「良いFXトレード手法」となるのです。