読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







逆張り禁止!FXトレンドフォロー手法に最高な時間帯3つ

f:id:yukihiro0201:20151201173440j:plain


前回、トレード手法の検証と改善の仕方について書きました。

参考:FXで負けている人が知らないトレード手法の正しい検証方法

 

今回は簡単だけど強力な手法改善のアイデアを1つ教えます。

それはトレードする時間を限定することです!!

 

世界3大市場の値動きの特徴



為替市場は24時間オープンしており、いつでもトレードすることが可能です。

しかし実は、時間帯によって値動きに特徴があります。


下の図は、各市場のオープン時間を表したものです。


f:id:yukihiro0201:20151209165751g:plain

http://www.lfx.jp/market-oceania.html



赤のグラフが重なっているところでは、市場が重なって取引量が多くなるので値動きが活発になります。

特に世界3大市場と言われている「東京」「ロンドン」「ニューヨーク」のオープン時間からは、値が大きく動きやすいです。

それぞれの市場の時間帯における値動きの特徴は以下の通りです。

 

1.東京時間(8~15時)

 

日本・シンガポール・中国などの市場参加者が参加してくるので、値動きが大きくなります。

また日本・中国・オーストラリアの大きな指標発表があるのもこの時間帯です。

この時間帯はクロス円やオセアニア通貨が良く動き、欧米通貨はあまり動きません。

 

特に五十日(ごとうび)は、仲値が決まる10時ごろまでクロス円が動きやすくなります。

参考:市場参加者の特徴を知ってFXトレードを有利に進めよう! 

 

しかし11時を過ぎるとお昼休みとなってだんだん取引量は減少し、値動きは収まっていく傾向です。

 

2.ロンドン時間(16~22時)

 

ヨーロッパの市場参加者が数多く市場に参入してきて、値動きが一気に大きくなります。

またドイツやイギリスの大きな指標発表があるのもこの時間帯です。

ロンドン市場は世界で一番為替取引の多い市場で、この時間帯はどの通貨であっても値が大きく動く傾向があります。

 

しかし19時ごろになるとヨーロッパのお昼休みとなり、値動きはゆったりしてきます。

 

3.ニューヨーク時間(22~7時)

 

この時間帯からアメリカの市場参加者が市場にやって来ます。

さらにアメリカの経済指標が発表されるのはこの時間帯です。

世界一の経済大国の経済指標が市場に与えるインパクトは大きく、この時間帯の値動きは荒れやすくなります。

 

この時間帯はどの通貨であっても、値が大きく動く傾向がありますが・・・

その日すでに大きく動いてしまった通貨は、新たな値動きは出にくいです。

 

またロンドンフィックスが午前1時(夏時間なら午前0時)にあることも忘れてはいけません。

これは東京時間における「仲値」のようなものです。

この時間が近くなるとユーロやポンドの値動きが特に激しくなりますね。

 

午前2時を過ぎるとアメリカのお昼休みとなり、値動きは落ち着いてきます。

FOMCの発表などがないかぎり、そこから値動きはあまり発生しません。

 

順張り(トレンドフォロー)に最高な時間帯3つ

 

上に書いた各市場の特徴を踏まえた上で僕の経験から言うと、トレンドが発生しやすい時間帯は以下の色が濃い時間帯です。

 

通常(11/1から3/31まで)

f:id:yukihiro0201:20150308011233p:plain




サマータイム(4/1から10/31まで)

f:id:yukihiro0201:20150308011253p:plain



ちなみにサマータイムとは、夏になったときに時計の針を1時間早める制度です。

日本では行われていませんが、アメリカやイギリスなどの欧米諸国では広く行われています。

そのため4月から10月までは、ロンドン市場とニューヨーク市場のオープン時間は1時間だけ早まります。



もし自分の手法が順張り(トレンドフォロー)であれば、これらの時間帯にしぼってトレードすると良いでしょう。

逆にこれらの時間以外のところではレンジになりやすいので、逆張り派に有利です。

 

順張り(トレンドフォロー)に最悪な時間帯3つ

 

次に、順張り(トレンドフォロー)を絶対してはいけない時間帯をお伝えしましょう。

僕がいつもトレードを避けているのは以下の3つです。


1.取引通貨の市場ではない時間


具体例を挙げると、午前中はEUR/USDを取引しないようにします。

EUR/USDは欧州と米国通貨の組み合わせで、アジア市場で取引されることは少ないからです。


通貨ペアによって価格が動く時間帯は異なります。

自分の取引通貨がいつ動きやすいのか、以下のサイトで確認しておきましょう。

時間帯別平均変動率



2.重要指標発表前


米国雇用統計などの重要指標が発表される前、価格はあまり動きません。

市場参加者が指標の結果待ちに入って取引を手控えるからです。


エントリー条件を満たしても30分以内に重要指標の発表がある場合、そのトレードは見送った方が良いです。

トレードする前に以下のサイトで、指標ランクの高いものが控えていないか確認しておきましょう。

羊飼いのFX(外国為替)ブログ



ちなみに上記のサイトで◎(アメリカならS以上)の指標が控えていれば、僕は取引をしないようにしています。

 

実際に指標発表前の時間帯を避けたおかげで、少ない損失で済んだトレードを動画で紹介しています。

より深く理解したい人はぜひご覧ください。





3.休日国の時間帯


例えばアメリカが祝日で休みのとき、夜にトレードは行いません。

取引量の多い米国市場がクローズし、トレンドが出にくい状況だからです。


同様に日本・シンガポール・中国のいずれかの国が休みのとき、アジア時間ではトレードしません。

そしてイギリス・ドイツ・フランスのいずれかの国が休みのとき、欧州時間ではトレードはしません。



休日国については、以下のサイトで確認することができます。

金融市場休日カレンダー

重要指標の確認をするときに、休日国のチェックも合わせて行うようにしましょう。


ちなみに、これらは順張り(トレンドフォロー)手法でトレードする前提で書いています。

逆張り手法を用いる人は、ここに書いてあることを逆に解釈すれば良いです。

 

取引する時間帯を決めておこう!!

 

上記の内容を参考にしてトレードする時間・しない時間をキッチリ決めておくと、生活にメリハリがつきます。

トレードする時間はしっかり集中するようになり、ミスやタイミングを逃すことが少なくなるのです。



良いことだらけなので、ぜひ取引する時間帯を限定してみてください!!

 

P.S.

今回のブログは、以前に紹介した「待つFX」という本を参考にしました。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍11選



またこの本には、トレンドが出やすい時間帯で相場が勢いついたかどうかを判断するインディケーターなども掲載されています。

詳しく知りたい方は、ぜひ一度読んでみてください!!