読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXでラインの引き方をマスターするために知るべきこと7つ

手法 FXの記事すべて トレード動画


f:id:yukihiro0201:20150220172129j:plain


「ライン」はFXトレードをする上で絶対に欠かせないものです。

シンプルながらもその効果は絶大で、テクニカル分析の王道と言えるでしょう。



今日はチャートにラインを引く上で知っておくべき基本知識をQ&A方式でまとめました。

これらのことを理解することで、どこにラインを引くべきか・どこで売買すべきかがよりハッキリと見えてくるでしょう。

ぜひライントレードを行う上で参考にしてみてください。

 

1.そもそもラインとは??



ラインとは「売り」と「買い」の力がぶつかり合う前線です。


f:id:yukihiro0201:20150220172600p:plain

 

よってそこには多くのエネルギーが集中しており、たくさんの市場参加者が注目しています。

 

2.ラインを引く目的は??

 

ラインを引く目的は売買ポイントを明確にするためです。



例えば僕の手法であれば、ラインによって相場が反転するポイント(押し目)を見極めます。

参考:ラインを引くだけのシンプルなFXトレード手法を無料公開!

 

f:id:yukihiro0201:20150220173353p:plain



上のチャートでいうと、ラインが重なったところで値が跳ね返されることが予想できますよね。

なのでそこに目を凝らしておき、実際に反転が確認できれば買いエントリーするのです。

このように、ラインはエントリーすべきところを示してくれます。

 

3.なぜラインは機能するのか??

 

ラインが機能するのは多くの市場参加者が使っているからです。


ラインは古くからずっと用いられているトレードテクニックの1つであり、多くの市場参加者に知られています。

またトレード教材に必ず出てくる基本的な手法でもあるため、たくさんの人がラインを使っているのです。


例えば上のチャートで、多くの市場参加者がライン付近で反発すると考えたとしましょう。

するとその人々はライン付近で積極的に買いエントリーするので・・・

結果的に値がライン上で買い支えられ、実際に反発して上へ行くのです。

 

4.強いラインの特徴は??

 

強いラインの特徴は以下の2つです。


1.長期足で確認できるライン

5分足で確認できるラインは簡単に突破されるが、日足のラインはそう簡単には突破されない。


2.何度も値を止めているライン

ライン上で何度も値が止められているのは、それだけそのラインが強い証拠。

 

5.ライン付近で値はどう動く??

 

ライン付近で予想される値動きは以下の3つです。


1.ラインで反発する

2.ラインを突破する

3.ラインを突破したと見せかけて再度もぐってくる(ダマシ)


僕の手法の場合、1か3が確認できたらエントリーします。

特に3は値が大きく伸びて利食いとなる可能性が高いです!!

これについては下の項目7で詳しく説明します。

 

6.ラインが突破されたあとは??



ラインは突破されたあともその機能を失いません。


支持線(サポートライン)だったものは抵抗線(レジスタンスライン)になりますし・・・

また抵抗線(レジスタンスライン)として機能していたものは支持線(サポートライン)へと変わります。


f:id:yukihiro0201:20160502195003j:plain

 


7.ダマシは値が大きく伸びる??



ダマシで値が伸びるのは、損切り注文と新規注文とが重なるからです。



f:id:yukihiro0201:20150221002610p:plain



① ライン突破を確認して売りエントリーする人が出ます。

② ダマシとなり①で売った人たちは損切りのために買い戻します。

③ ライン突破のダマシを確認して買いエントリーする人もいます。

④ ②と③で買う人がダブルで出るので大きく上に伸びます!!



以上7点がラインを引く上で知っておくべき基本知識です。

ラインを使ったFXトレードを行う方はぜひ参考にしてみてください!!

 

P.S.

実際にダマシを利用したトレードを動画で解説しています。

より理解を深めたい方は是非ご覧ください。