トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







誰でも簡単!シンプルなFXライントレード手法を無料で公開

f:id:yukihiro0201:20150304140112j:plain


「簡単にマネできるFX手法ないかな~」とお探しのアナタへ。

今日は僕が使っているとてもシンプルなFXライントレード手法を公開しましょう!!

 

【もくじ】

 

FX手法の解説

 

このFX手法は以下3つの優位性から成り立っています。

 

1.トレンド

2.水平ライン

3.トレンドライン

 

まずFXトレードを仕掛ける前提として・・・

長期足でトレンドが出ているかを確認します。

 

f:id:yukihiro0201:20151114151635j:plain



トレンドが出ているかの判断は移動平均線で行います。

移動平均線が短期(赤)→ 中期(黄)→ 長期(青)の順に並んだら、僕はトレンド相場であると判断しています。

ちなみに20・50・100期間の移動平均線を僕は使用しています。



このチャートの場合、相場は上昇トレンドなので買いエントリーしか考えません。


次に短期足にて水平ラインとトレンドラインを引きます。

 

f:id:yukihiro0201:20150213165340p:plain



買いエントリーの場合、まず直近の高値に水平ラインを引きます。

そして安値同士をむすぶようにトレンドラインを引くのです。



最後に、2つのラインの交点付近で反発を確認したらエントリーします。

 

f:id:yukihiro0201:20150213165800p:plain



買いエントリーの場合、陽線2本で反発したと判断します。

そしてエントリー後は水平ラインの5pips下に損切りを設定します。

利食い幅は損切り幅と同じです。



下方向へのエントリーの場合は全て逆に考えてください。



長期足と短期足の組み合わせですが・・・

僕は以下2つの組み合わせでチャートを見ています。



1時間足 - 15分足

4時間足 – 1時間足



例えば15分足にラインを引いてエントリーをするならば、1時間足の移動平均線でトレンドを確認するという感じです。



僕のこの手法は「移動平均線」と「ライン」というFXトレードの基本技術のみで構成されています。

これらは相場に参加している多くの人が使用しており、昔からその有効性は揺らいでいません。



こういうシンプルかつ基本的なFX手法が実は一番強いです。

参考:初心者がハマる罠!FXトレードの手法やルールはシンプルに

 

機能しやすい相場環境

 

僕のFXライントレード手法には特に機能しやすい局面があります。

それはレンジを抜けた直後です。

いわゆる「ブレイクアウト」ですね。

 

レンジを抜けた直後はその方向へ値が大きく動く傾向にあります。

なぜなら相場のボラティリティには「拡大と縮小を繰り返す」という性質があるからです。

参考:相場の大原則!FXトレードにおけるボラティリティの性質2つ

 

つまりレンジを抜けた直後にその方向へ乗っかれば、相場のボラティリティが拡大する勢いを味方につけることができます。

それによって逆行に合いづらくなるので利食いで終わる可能性が上がるのです。



具体的には下図の赤丸部分のようなところでエントリーすると良いでしょう。


f:id:yukihiro0201:20150215154552p:plain



ちなみにこういうところでエントリーできたら「利食い幅を広げる」といった戦略もアリです!!

僕はあくまでルールに従って利食いしていますが・・・

値は大きく伸びる傾向にあるので多少欲張っても問題ないでしょう。



あとレンジ抜け直後のエントリーで覚えておくべきことは以下の2点です。

 

1.レンジが長いほどブレイクアウトも大きく伸びる

2.ブレイクアウトは値が伸びるほどその勢いは衰える

参考:FXのトレンド転換点をチャート分析で見極める方法4つ



これらの点も計算に入れながら利食い幅やポジション量を調整できるようになると強いです。

 レンジが続いている局面を見つけたらチャンスと捉え、それがブレイクするところを見逃さないようにしましょう!!

 

 

 

機能しにくい相場環境

 

 

僕のFXライントレード手法には機能しにくい局面もあります。

 

それはレンジの中です。

 

 

 

僕の手法はトレンドを味方につけることで勝率を上げています。

 

言い換えればトレンドがあってはじめて機能する手法です。

そのために3本の移動平均線を使ったトレンド確認の作業があります。


しかしこの作業だけでは完全にレンジを避けられません。

例として下のチャートを見てください。


f:id:yukihiro0201:20150214142455p:plain




3本の移動平均線だけ見ると短期(赤)→ 中期(黄)→ 長期(青)の順になっていてトレンドが出ていると判断できそうです。

しかし実際には点線で示したようにレンジ相場となっており、この中でトレードすると失敗に終わる可能性が高いです。

つまり僕の手法を使うには長期足・短期足に限らず、レンジに入っていないかをチャートの形から判断する必要があります。


レンジはチャートの形から明らかに分かるので慣れれば簡単に判断できます。

もし判断が難しいという人は以下のブログを参考にしてみてください。

参考:FXトレードで難しい相場でも簡単にレンジを見極める方法3つ

 

ちなみにレンジの中でも唯一エントリーできるポイントがあります。

それはレンジの上限・下限からの反発時です!!



先ほどのチャートで言うと、丸で囲った部分ならエントリーしても良いでしょう。

 

f:id:yukihiro0201:20150214143038p:plain




なぜここではエントリー可能かというと以下2点の優位性からです。


1.レンジになるまでは上昇トレンドだったので価格は上がる可能性の方が高い

2.2つの矢印で示したところからレンジの下限であることが確認でき、ここから上に反発する可能性が高い

参考:FXトレードの順張り手法に最適なエントリータイミング4つ



しかしながらレンジの上限・下限を正確に見極めることは難しいです。

したがってこのトレードは通常のやり方よりも難易度が上がります。

 

僕はよほど分かりやすいレンジでないとこのトレードはやりません。

 

 

 

追記:この手法を改良

 

 

この手法を使うようになって2年近くになります。

 

その間にいくつか改善を行いました。

主な改良点は以下の2つです。
 

 

1.移動平均線の期間設定

2.トレンドラインによるエントリー

 

ではそれぞれについて見ていきましょう!!

 

1.移動平均線の期間設定


これまで設定期間を20・50・100としてきましたが・・・

それを21・55・89としました。

参考:FX移動平均線の期間設定に迷うならフィボナッチ数列を使え



この変化による効果はと言うと・・・

正直、よく分かりません。笑

フィボナッチ数の方が良いかな~という気分の問題ですね。

 

2.トレンドラインの使用



トレンドラインの使用はやめました。

代わりに今は21期間移動平均線を使っています。

水平ラインと21期間移動平均線が交わるところで反発したときにエントリーです。


f:id:yukihiro0201:20160104153253j:plain




このとき注意することがあります。

それは長期足と同様に短期足も移動平均線が短期(赤)→ 中期(黄)→ 長期(青)の順で並んでいることです。

 

この短期移動平均線の反発でエントリーする手法は「魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門」という本で紹介されています。

 

 

この本の著者であるリンダ・ブラッドフォード・ラシュキはこの手法を「聖杯」と呼ぶほどその正確性に自信を持っています。



ちなみにこのトレーダーは以前紹介した「新マーケットの魔術師」の中に登場してきますよ~

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍11選

 

  

21期間移動平均線を使った方が自分が引いたトレンドラインよりも精度が高いです。

トレンドラインは引く人によって位置が若干変わりますが、移動平均線はみんな同じですもんね。

また色々と考えてトレンドラインを引く手間も省けるので一石二鳥!!

 

以上が今回、このFX手法を改良した点です。

 

最後に

 

この手法をそのままマネしても利益を出せるとは限りません。

大切なことは自分向けにカスタマイズすることです。

参考:FX初心者は必見!ゼロからトレードを本格的に始める手順4つ

 

読者の皆さんが自分の手法を確立する上でこのブログが参考になれば嬉しいです!!