トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!最近は仮想通貨で遊びながら株の暴落を待っています。86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXで起業!個人事業主や法人になるメリット・デメリットは?

f:id:yukihiro0201:20160527164403j:plain

 

FXトレードで起業しようと考えたとき、重要になってくるのは「個人事業主」と「法人」のどちらを選ぶかです。

今日はそれぞれのメリット・デメリットや、形態を変えるタイミングについて考えてみましょう!!

 

 

FXトレーダーの形態

 

f:id:yukihiro0201:20180810185616p:plain

 

FXトレーダーの形態は、以下の3つに分かれます。

 

・個人

・個人事業主

・法人

 

趣味やおこづかい稼ぎとしてFXトレードをしている人は、ふつうの「個人」です。

そこから一歩進んで、事業として取り組む人は「個人事業主」や「法人」となります。

 

これらの主な違いは、税金のかかり方です!!

以下にそれぞれの税金の取り扱いや、メリット・デメリットをまとめましょう。

 

個人

 

f:id:yukihiro0201:20180813091418j:plain

 

税金

 

所得税:15%

住民税:5%

復興特別所得税:0.315%

 

合計:20.315%

 

メリット

 

・税率が低い

・利益20万円以下なら確定申告不要 

・基礎控除38万円が使える

 

デメリット

 

・経費として認められるものが少ない

・他の所得と損益通算ができない

・赤字の繰越が3年しかできない

 

個人事業主

 

f:id:yukihiro0201:20180810191459p:plain

 

税金

 

所得税:5~45%

住民税:10%

個人事業税:3~5%(所得290万超)

 

合計:約15~60%

 

メリット

 

・経費として認められるものが多い

・他の所得と損益通算ができる

・青色申告特別控除65万円が使える

 

デメリット

 

・利益が大きいと税率が高くなる

・毎年確定申告が必要で記帳義務あり

・赤字の繰越が3年しかできない

 

法人

 

f:id:yukihiro0201:20170909150934j:plain

 

税金

 

法人税:15~23.9% 

法人住民税:17%(東京都の場合)

法人事業税:3.4~6.7%

地方法人特別税:法人税の4.4%

 

合計:約35~47%

 

メリット

 

・経費として認められるものが多い

・他の所得と損益通算ができる

・赤字の繰越が7年できる

・各種控除や節税対策が使える

 

デメリット

 

・利益が大きいと税率が高くなる

・赤字でも地方税7万円がかかる

・毎年確定申告が必要で記帳義務あり

・法人設立や維持に費用と手間がかかる

 

法人化のその他メリット

 

f:id:yukihiro0201:20180808090325j:plain

 

ちなみに上記のメリット・デメリットは、税金関係のものだけです。

法人化には税金以外にも、以下のようなメリットがあります!!

 

・レバレッジが有利

個人はレバレッジ25倍までですが、法人なら最大69倍です。

 

・損失が限定される

多額の追証を抱えても、倒産すれば支払い義務はなくなります。


これらについて、くわしくは下の記事で説明していますよ。
参考:FXトレードで金融危機による暴落暴騰に対処するための対策

 

どの形態をとるべきか

 

f:id:yukihiro0201:20180712104037p:plain

 

どの形態を取るかは、FXトレードで稼げる金額を目安に決めると良いです!!

以下がその目安となります。

 

・年収20万円以下

個人のまま確定申告もする必要なし

 

・年収20~60万円

経費を引いても利益が20万円以上残るなら、個人事業主となる

 

・年収60~800万円

個人事業主となり、経費計上と青色申告控除で納税額をおさえる

 

・年収800万円以上

法人を設立して、税理士と共に各種控除や節税対策を行う

 

まとめ

 

FXトレーダーの形態は、「個人」「個人事業主」「法人」の3つです。

これらの大きな違いは税金で、それぞれにメリット・デメリットがあります。

これらを切り替えるタイミングは、トレード収益の大小で見極めましょう!!

 

FXでよく読まれている記事3つ