読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXの税金対策!個人事業主・法人になるタイミングを考える



f:id:yukihiro0201:20160527164403j:plain


FXトレードはあまり経費のかからない仕事です。

材料を仕入れたり、人を雇ったりする必要がないですからね。



したがってFXトレードで一番大きな出費となってくるのは「税金」です。

(しっかりと利益を出せていればの話ですが。笑)



いかにコストをおさえることができるかは、ビジネスでは基本中の基本!!

FXにおいてはそれが「しっかりと税金対策すること」になります。



FXトレードの税金は何もせずにいると、本来払わなくて済んだものまで余分に支払うことになります。

逆にしっかりと税金対策を行っていれば、勝ち負けに関わらず大きく節約することができるのです。



今回は個人・個人事業主・法人によって税金がどう変わってくるのか、ざっくりとまとめてみました。

メリット・デメリットも合わせて書いたので、自分の納税方法を見直す材料の1つとして使ってください!!

 

各形態における税金の違い

 

個人

税率:所得税20% + 復興特別所得税0.315%
損益通算:先物やオプション取引のみ損益通算可能 
繰越控除:赤字の繰越が3年可能 

メリット

・税率が低い
・利益20万円以下なら確定申告不要 
・基礎控除38万円が利益から引ける

デメリット

・経費として認められるものが少ない
・他の所得と損益通算ができない

・赤字の繰越が3年しかできない

 


個人事業主

税率:所得税5~40% + 住民税10% + 個人事業税5%
損益通算:他の所得と損益通算可能
繰越控除:赤字の繰越が3年可能

メリット

・経費として認められるものが多い
・他の所得と損益通算ができる
・青色申告特別控除65万円が利益から引ける

デメリット

・利益が大きいと税率が高くなる
毎年確定申告が必要で記帳義務あり

・赤字の繰越が3年しかできない

 


法人

税率:法人税23~40% 
損益通算:他の所得と損益通算可能
繰越控除:赤字の繰越が7年可能

メリット

・経費として認められるものが多い
・他の所得と損益通算ができる
・赤字の繰越が7年できる
・各種控除や節税対策が使える 

デメリット

・利益が大きいと税率が高くなる
・赤字でも地方税7万円がかかる

・毎年確定申告が必要で記帳義務あり
・法人設立や維持に費用と手間がかかる

 

 

 

経費として認められるものは??

 

 

FXトレードの経費として認められるものは、以下のようなものが考えられます。



・FX会社の取引手数料

・銀行の振込手数料

・セミナー参加費

・トレーダー同士の交流費

・書籍・新聞・雑誌・有料商材の購入費
・ペンやノートの購入費

・パソコン・スマホの購入費

・インターネット・プロバイダの使用料

・家賃・事務所賃貸料

 



これらは個人・個人事業主・法人のどの形態を取っているかで、経費として認められる範囲が変わってきます。

個人事業主や法人であれば、経費として認められるものは多いですが・・・

個人の場合、経費として計上できるものには限りがあるのです。



例えば個人事業主として自宅を勤務場所に指定していれば、家賃の一部を経費にできますが・・・

個人で家賃を経費として計上するのは厳しいでしょう。

 

 

 

どの形態を取れば良い??

 

 

個人・個人事業主・法人のどの形態を取るかは、FXトレードで稼げる金額を目安に決めると良いです。

以下がその目安となります。



・FXトレードの年収20万円以下
「個人」のまま確定申告もする必要なし

 

FXトレードの年収20~60万円
経費を引いても利益が20万円以上残るなら「個人事業主」となる

 

FXトレードの年収60~800万円
「個人事業主」となり経費計上と青色申告控除で納税額をおさえる

 

FXトレードの年収800万円以上

「法人」を設立して税理士と共に各種控除や節税対策を行う

 

 

 

負けたときこそ確定申告はすべき!!

 


個人の方で多いのは、損失の方が大きくて利益が出ていないから確定申告しないというもの。

これ、超もったいないです!!



損失が出たことを税務署に報告していれば、来年度利益が出たときにその損失分を引くことができます(赤字の繰越)。

 

たとえば今年、FXトレードで100万円の損を出したとして・・・

 

来年200万円の利益が出れば、そこから100万円を引くことができるのです!!



そうすれば来年申告する利益金額は200-100=100万円になります。

 

利益200万円で申告するのと比べて、税金が半分になるのです!!

 

 

 

この赤字の繰越は、個人・個人事業主だと3年前までさかのぼれます。

さらに法人化すると、その繰越期間は9年に延長されます。

 

 

最後に・・・


 

利益が出て申告が必要な場合は必ず手続きを済ませましょう!!

申告していないことがバレた場合、「無申告加算税」というものがプラスされます。

 

こうなると本来の納税額に加えて、15~20%余分に支払わなくてはならないのです。




さらに意図的に利益を隠していた場合、そこに「重加算税」というものがさらに課されます。

 

この税率はなんと40%!!


ここまでくると、稼いだ利益はほぼ吹っ飛んでしまうでしょう。笑



リスク管理という観点からも、FXトレードの税金についてはしっかりと勉強しておきたいところです。



P.S.

ちなみに上記のメリット・デメリットは税金関係のものだけです。

法人化にはレバレッジ規制がなくなったり、相場異常時の巨額損失を防ぐというメリットもあります。

参考:FXトレードで金融危機による暴落暴騰に対処するための対策