トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







ウォーレン・バフェットが教えるFXでお金持ちになる唯一の方法

f:id:yukihiro0201:20160920093758j:plain


「トレーダーになるのは医者になるのと同じ」という言葉があります。

優秀なFXトレーダーになるには医者になるのと同じだけの勉強量とお金が必要という意味です。



トレーダーになるためにお金を払う

 

医者になるには少なくとも大学で6年間勉強して試験に合格しなければなりません。

そしてそれには大学の授業料や専門書の購入などで大きな費用がかかるのです。



FXトレードもこれと同じように長年の勉強と多大な出費が必要です。

多くの人はFXトレーダーになるのに勉強が必要なことは理解しています。

しかしお金を払わなければならないことは知りません。



FXトレードで最初から利益を出せる人なんていません。

大抵は何度も負けトレードを経験してそこから学びを得ていくことで成長します。

 

FXトレーダーは「損失」という形でお金を払うことによってその技術を磨けるのです。

参考:FXトレード記録のつけ方!ノートに絶対書くべき10のこと

 

有名なトレーダーはお金を払っている

 

その証拠に大金を稼いでいる有名なトレーダーたちは一度や二度の破産を経験している人が多いです。

以前紹介した「マーケットの魔術師」という本を読めば破産はほぼすべてのトレーダーに共通する特徴であることが分かります。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍11選


自分の大切なお金を失って初めて・・・

リスク管理の大切さや感情をコントロールする重要性を身に染みて理解するのでしょう。

そうやって先に相場への支払いを終えた者が相場で稼げるようになるのです。 

 

欲しいものをまず与える

 

何かが欲しいときはまずそれを人に与えなければいけません。

FXトレードでお金を稼ぎたいのであればまずこちらからお金を差し出さなければならないのです!!

 

実際にお金持ちの多くは寄付を積極的に行っています。

例えば世界一有名な投資家であるウォーレン・バフェットは自身の資産の85%(約4兆円!!)を5つの慈善財団に寄付しているのです。

 

彼は世界で2番目のお金持ちにもかかわらずその質素な暮らしぶりで有名です。

何十年も前に320万円で買った家に住み続けコーラとハンバーガーを食べて生活しています。

自分は決して贅沢をせずに稼いだお金の大部分を世のために使っているのです。

 

多くの人はそんな彼を尊敬し彼のもとへ集います。

彼の会社の株主総会では毎年3万人以上の人が参加し・・・

彼と昼食を共にする権利は1億円以上で落札されるのです!!

 

彼は自分の富を他人に分け与えることでさらなる富を自分のもとに集めています。

 

まとめ

 

お金は人を喜ばせて幸せにした分だけもらえるものです。

そう考えると世のため人のために使ったお金は必ず自分のもとに返ってくることが分かります。

 

ヒマワリの種からはヒマワリしか生まれないように良い行いは必ず良い結果を生みます。

銀行に預けてわずか0.02%の利息をもらうぐらいなら社会を良くするためにお金を使っていきましょう!!