読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







決断できない男だった僕はFXの考え方を使って独立を決心した

リスク管理 FXの記事すべて 人生


f:id:yukihiro0201:20160917145508j:plain

 

自分のFXトレードを検証する際に絶対見るべき指標が2つあります。

それは「勝率」と「損益率」です。

 

常に有利な立場でトレードする

 

FXトレードで重要なのはこの「勝率」と「損益率」のバランスをいかに取るかです。

参考:FXで負けている人が知らないトレード手法の正しい検証方法

 

この2つのバランスが取れていれば極端な話、勝率10%でも利益を出せます。

負けたときに発生する損失を1万円におさえて勝ったときに得られる利益を10万円まで伸ばすのです。

そうすれば1勝9敗でも1万円の利益が残りますからね~

 

優秀なFXトレーダーは自分の手法の勝率をしっかりと把握しています。

そしてトレードを行う前にそのトレードの損益率が勝率に見合ったものかを必ず確認するのです。

それが見合っていなければどんなに魅力的なトレードでも手を出すことはありません。

 

そうすることで常に有利な立場で相場に参加しているのです。

 

人生に損益率の考え方を当てはめる

 

この「損益率」という考え方はFXトレードに限らず人生において何か物事を決断する際にも有効です。

実際に僕はこの考え方を使って専業トレーダーになることを決意しました。

 

「損益率」をどう当てはめたかというと・・・

専業になることで起こり得る最悪の結果と最高の結果を並べてそれらを比べてみたのです。

その結果は下記の通りでした。

 

【最悪の結果】

・FXトレードで利益を全く出すことができず全財産を失う。

・だけどまだ20代で英語もできるし再就職は何とかなるだろう。

 

【最高の結果】

・自分の力だけでお金を稼ぐ手段を持て好きなだけ旅ができる。

・ また自分の好きなことが仕事になり充実した人生を送れる。

 

これらを比べたとき・・・

僕は見込まれる損失より利益の方がはるかに大きいと感じました。

FXトレードであればガッツリ勝負に出るところです!!笑

 

こうやって僕は専業になることを決めることができました。

 

日本人は損失を限定されている

 

僕は日本で生まれたことにものすごく感謝しています。

なぜなら「日本人である限り損失は限定されている」ことを海外に出て学んだからです。

 

例えば事業に失敗して多額の借金を抱えたとしても変な借金でない限り自己破産で再出発することができます。

また皆保険制度が整っているため収入がなくても安心して病院に行くことが可能です。

さらに生活保護法があるので今日明日に飢え死にするということもあり得ません。

 

つまり日本では最悪の損失である「死」まで簡単に行かないのです!!

 

ここまでセーフティーネットが整っている国ってそうそうありませんよ。

せっかく世界の大部分の人より数段恵まれた立場にいるのにそのメリットを生かさないのはもったいないです。

参考:日本人の恵まれた人生とまじめな宗教心をインドの職場で学ぶ

 

まとめ

 

人生においても「損益率」の考え方を適用させることができます。

最悪の結果と最高の結果を並べてみることで人生の決断が容易になるのです。

実際にそれらを考えてみると、最悪の結果というのは日本人の場合だとかなり限定されていることが分かるでしょう。

 

何か決断に迷ったときは「死ぬわけではない」ことをぜひ思い出してください。