トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







独立したがうまくいかない!そんな僕を救ってくれた1冊の本

f:id:yukihiro0201:20160331173324j:plain


僕は母親の介護のため、専業トレーダーになることを決意しました。

参考:脱サラする勇気はなかったけど…神様の導きで独立することに



専業となるためのトレーディングプランはすでに完成させています。

うまくいけば少なくとも月20万円程度は稼げる予定です。



また1年間は収入なしで暮らせるだけの貯金もあります。

順風満帆な船出になるだろうと、僕は期待に胸を膨らませていました!!


しかし実際に走り出してそんなウキウキ気分はすぐに吹っ飛びます。

初月の収支が20万どころかマイナスになったのです!!


デモと実際の相場である程度結果に違いが出ることは覚悟していました。

しかしその乖離が僕の想像をはるかに超えていたのです!!



「一過性のものか??」と考え、しばらくそのまま続けてみたものの結果は同じ。

トレード結果を検証して色々と手法の改善も試みてみましたが、目に見える成果は出てきません・・・


最終的に僕は「このトレーディングプラン自体に欠陥がある」という結論を下し・・・

それをすべて捨てることを決意しました。

参考:この世に正しいものはない!FXトレードには疑う心が必要

 

僕は頭が真っ白になりました。

会社を辞めてからすでに6か月が過ぎています。

収支はずっとマイナスだったあげく、またゼロからのスタートです。



もうトレーディングのことを考えるのも嫌になった僕は、図書館にこもるようになりました。

ただひたすら本を読むことで、トレーディングのことを頭から追い出そうとしたのです。



そんなときに出会ったのが「2022 - これから10年活躍できる人の条件」という神田昌典さんの著書です。

この本の中に以下のようなことが書いてありました。


多くの場合、起業時のビジネスプランは、はじめから思い通りになることは滅多にない。

だが、火事場の馬鹿力で頑張っていくうちに、たいていは自然にカタチになってくる。




これを読んだとき、僕はこみ上げる嬉しさで思わず叫びそうになりました!!

「日本一のマーケッター」と呼ばれる神田さんでも、最初のビジネスプランではうまくいかないことが多いのです。

僕は間違ったことをしていたわけではなく、ここから火事場の馬鹿力を発揮していけば良いことが分かりました。



この本に勇気をもらい、僕はあらためてトレーディングプラン作りを開始しました。


このときの自分を漢字一文字で表すとすれば、間違いなく「魔」でしょう。

何か悪魔にでも憑りつかれたかのように、僕は一心不乱でシステム作りに没頭しました。



もう貯金も残りあとわずかで本当に時間がなかったのです!!

食べる時間と寝る時間以外は全てシステムの検証作業にあてました。

というか、夢の中でさえトレードしていましたね。笑



自分に言い訳できないよう、トレーディング以外の部分ではとことん甘えました。

食べたい時に好きなだけ食べた結果、体重は8kg増えて見苦しいポッコリお腹に・・・

もう全てを犠牲にしました。



そうやって最終的にたどり着いたところは、僕が副業としてトレーディングをしていたときに使っていた手法でした。

何のひねりもない、チャートにいくつかラインを引くだけのシンプルなシステムです。

 

参考:ラインを引くだけのシンプルなFXトレード手法を無料公開!



色々と回り道をしたあげく、僕は原点に戻ってきたようでした。



それにトレードの先生からのアドバイスをいくつか加え・・・


参考:FXトレード手法の検証方法!バックテストで見るべき7つの点


僕はようやく安定的に利益を出せるシステムを作り出すことに成功しました。



実際に火事場の馬鹿力で何とかしてしまったのです!!



あらためて振り返ってみると、自分はずいぶん無謀だったなと思います。

新たに作ったトレーディングプランに舞い上がって、実際の相場でそれを試すことなく仕事を辞めるなどバカの極みでした。


タイムスリップして昔の自分に会えるなら、ぶん殴ってでも止めるレベルです。笑



しかし「そこまでの勢いがなければ突き抜けることはなかったかな~」という思いも一方であります。


そしてなんだかんだ言っても、このときの経験は僕の中で「大きな誇り」です。



20代、色々な失敗をしてきたすべてが報われた瞬間でした!!