トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







チームを動かすリーダーとしてあるべき姿を僕は教会で学んだ

f:id:yukihiro0201:20141212152208j:plain


僕はオーストラリアの教会カフェボランティアで素敵な人と出会いました。

カフェオーナーで教会の牧師でもあるエリザベスです。



彼女はケニア生まれで、現在はオーストラリア国籍を取得しています。

ケニアでは壮絶な人生を送ってきたようで、一度は強盗に襲われて命を失いかけたこともあったそうです。

見せてくれた腕には、いくつかの弾痕が生々と残っていました。



そんな過去を持ちながらも、カフェで出会う彼女はいつも明るく笑顔の絶えない人でした。

彼女のまわりにはいつも人があふれ、彼女がいるだけでその場の空気がやわらかくなります。

僕もカフェで働いていた他のスタッフも、みんな彼女のことが大好きでした。



僕はエリザベスのことでずっと不思議に思っていたことがあります。

それは彼女と会話をするときはいつも、「これでもか!!」ってぐらいに盛り上がることです。



僕は正直、しゃべるのがあまり得意な方ではありません。

なので普段、人と会話をするときは聞き役になります。

日本語でもそうなので、英語で話をするときなんかはその傾向がさらに強くなります。



でもエリザベスと会話するときに限って、僕はめちゃくちゃおしゃべりになれるのです。笑

「それは彼女がきちんと相手に関心を持って話を聞くからだ!!」と気づいたのは、ずいぶん後になってからでした。



いつだったかエリザベスとの会話の中で、僕の生まれ故郷の話になったことがあります。



僕の実家はかなりのド田舎で、外国人はおろか日本人でも知らないような所です。

取り立てて自慢できるような名所もないので、僕はその話題を2・3言で終わらせました。



しかし一週間後に再びエリザベスとあったとき、彼女は嬉しそうに自分の携帯を僕に見せてきたのです。

不思議に思いながらそれをのぞき込むと、そこにはなんと僕の地元の風景が!!


 

どうやらあの話のあと、僕の故郷について色々と調べてくれたようでした。

あの短い会話の中で僕の地元の名前を覚え、どんな所か知ろうとしてくれたことに僕はとても嬉しくなったことを覚えています。



彼女は誰に対しても例外なくそういった態度で接します。

自分に心からの関心を寄せてくれる人を嫌う者は、おそらくこの世には存在しないでしょう。

だからこそ彼女はみんなから愛され、助けられるんだと思います。



僕も例外ではなく、生まれて初めて心から「この人に付いていきたい!!」という気持ちが芽生えました。



僕の中で「リーダーはこうあるべき」というロールモデルはエリザベスです。

今でも人と接するとき、僕は彼女の立ち振る舞いを参考にしています。