トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







就活で悩んでる?第一志望の企業に就職できるおすすめの方法

f:id:yukihiro0201:20141208173336j:plain


僕はオーストラリアでカフェの仕事探しをしていたことがあります。

参考:仕事探しがうまくいかず引きこもり…そこから脱出できた理由



そして僕は大きなカルチャーショックを受けました・・・

オーストラリアでカフェの仕事を得る方法が、とても原始的かつ情熱的だったのです!!



その方法とは自分の働いてみたいカフェに突撃し、履歴書を渡して「ここで働かせてください!!」と頼み込むこと。笑

求人サイトやバイト募集の張り紙なんかもありますが、これが一番簡単で確実な方法みたいでした。


オーストラリアは欧米文化が強いためか、日本と比べて雇用関係はゆるやかで人材は流動的です。

特にカフェのバイトなんかは入れ替わりが激しいので、雇う側としてはいちいち求人なんか出していられないのでしょう。



求職者もそれを承知で、求人を出していないところでも積極的にアタックしていきます。

そして空きがあれば「ラッキー!!」ってな感じで、仕事をゲットしていくのです。


しかしながら異国の地で(しかも英語で)これをするのは、かなりの勇気が必要です。

僕の場合は銀行員時代にやっていた飛び込みセールスを思い出し、なんとかその勇気を絞り出しました・・・

こんなところで銀行の経験が生きるんだから、人生って分かりませんよね。笑


ちなみに僕は留学を終えて就職活動をしたときに、この方法を日本でも使ったことがあります。

いいなと思った会社があったら求人を出していなくても、とりあえず履歴書を送りつけて面接のお願いをするんです。笑

その反応はどうだったかというと・・・意外と良好でした!!


就職活動ナビ.comによると、企業が欲しいと思う人材の条件は以下の4点にまとめられるらしいです。


1.第一志望である

2.自社の求める人材像に近い

3.自ら考え行動できる

4.コミュニケーションが取れる



この求人を出していないに面接をお願いする方法は、1・3・4の条件をクリアすることができます。

 

1.求人を出していないのに応募をすることで、「どうしてもその会社で働きたい!!」という強い意欲を見せることができる。

3.「求人が出てたら応募する」という受け身の姿勢ではなく、自分から自発的にチャンスを取りに行く姿勢を見せることができる。

4.自ら積極的に企業に働きかけて対話を促すという、高いコミュニケーション能力を見せることができる。

 

これを好意的に受け取ってくれた会社はいくつかありました。

「どんな奴か見てみたかった」と社長が直接面接してくれたりなんかもありましたよ。笑


どうしても入りたい会社があるのならば、やってみる価値はあると思います!!



P.S.

でも企業にとっては迷惑な方法なので、ここぞというときのみ使ってください。笑