トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







海外に出て分かった!日本人が留学しても英語が話せない理由

f:id:yukihiro0201:20141205172530j:plain


僕はカフェと英語の勉強のためにオーストラリアへ留学することを決めました。

参考:僕が銀行を辞めてから1か月後にオーストラリアへ行った理由

 

まずは語学学校に通って英語力に磨きをかけることにしました。

その後に専門学校に行ってコーヒーバリスタの資格を取り・・・

現地のカフェで経験を積むという計画です。

 

授業態度の違いに気づく

 

僕が通った語学学校は移民の国であるオーストラリアらしく本当に多国籍でした。

アジア・ヨーロッパ・中東・南米などなど・・・

色々な国から来た生徒が混ぜこぜになって一緒に勉強をするのです。

 

国籍によって性格や考え方、果ては女性のタイプや化粧の仕方まで特徴があり・・・

毎日が発見の連続でとても刺激的な学校生活でした!!

 

その中でも特に僕の興味をそそったのは「授業態度の違い」です。

長い間一緒に勉強していく中で勉強や授業に対する姿勢が出身国によって異なることに気付きました。

 

例を挙げると韓国人とタイ人は宿題をしてこない人が多かったです。

また授業中よく発言し教室のムードを作るのは南米人でした。

以下に僕が考えたその理由を書いていきます。

 

韓国人が宿題をしない理由

 

韓国人が宿題をしてこないのはそもそも授業にあまり熱心でないからです。

 

韓国経済は今、海外に製品を輸出をすることで大きく成長しています。

なので韓国で稼いでいる企業はサムスンを筆頭に輸出関連が多いです。

そしてそれらの会社に就職するためには高い英語力が求められます。

 

したがって良い会社に就職させたい親や学校が半強制的に子供を留学させるケースが多いみたいです。

自分で望んだ留学ではないので勉強に対する意欲が低いのでしょう。

 

タイ人が宿題をしない理由

 

タイ人が宿題をしてこないのは単純に遊んでいるからです。笑

 

物価水準の低いタイ出身の人が物価の高いオーストラリアで生活しながら学校に通うことは金銭的に困難です。

(オーストラリアでは缶のコーラが300円以上もしました!!)

なのでオーストラリアに留学しているタイ人はほぼ全員がお金持ちのご子息でした。

 

彼らは毎月多額のお金を親から送ってもらっていたので贅沢に遊びまわることができていたようです。

僕は正直、彼らがうらやましかった・・・笑

 

南米人がよく発言する理由

 

南米の人が授業中よく発言するのは彼らの性格によるところが大きいです。

 

彼らはだいたい陽気で明るくどこでも人生楽しめちゃうような人たちでした。

彼らが集まると食堂がダンスパーティーみたいになることがよくありましたよ。笑

 

そしてそれは授業中であっても変わりません。

先生にジョークを飛ばしたり友達同士でおどけあったりとリラックスした状態で授業にのぞむのです。

 

なので彼らは授業で分からないところがあればすぐに先生に聞きます。

「先生は友達」みたいな感覚なのでまったく遠慮がないのです。

 

また何か問われれば積極的に自分の考えをみんなに伝えようとします。

っていうか、聞かれてもいないのにしゃべり出すこともしばしば。笑

 

そのとき彼らは間違った英語を使ってるとかまったく気にしていません。

 

日本人が英語を喋れない理由

 

僕はそれらを見てとてもビックリしました!!

なぜなら日本の学校ではおしゃべり厳禁で間違いは許されなかったからです。

先生が板書したことをそのままノートに書き写していくような授業スタイルとは大きくかけ離れていました。

 

しかし「英語の習得」という面においてこの南米人スタイルはとても理に適っていると僕は考えます。

なぜなら英語は自分の意思を伝えるための「道具」でしかないから!!

 

「道具」をうまく扱えるようになる一番の方法は実際に使いたおしてみることです。

 

例えばスマホを買ったときに説明書を最初から最後までしっかりと読む人なんていません。

そんなことをするよりも実際にあれこれ試してみる方が早く操作を覚えることを知っているからです。

 

実際に南米人は他の国の人たちよりも早く進級していました。

それはおそらく英語を使い倒していち早く身に付けていくからでしょう。

 

英語の文法や単語の知識において日本人は他国の人より上だと思います。

それでも英語でのコミュニケーション能力が低いのは実際に使わない(話さない)からです。

 

日本社会には「恥じる文化」や「空気を読む文化」などがあって・・・

それらが英語を話す妨げとなっています。

 

「間違えた英語をしゃべってたら恥ずかしい」

「変なこと言って会話の流れを妨げたらどうしよう」

 

そんなことを考えるから英語で発言をするのに変な勇気がいるのです。

日本人が英語の習得に苦労する理由の1つを知れたような気がしました。

 

仕事探しがうまくいかず引きこもり…そこから脱出できた理由に続く

 

P.S.

日本人が英語を話せないのには歴史的な背景も関係しています。

参考:日本銀行の香港事務所長から教わった最強の英語勉強法