トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







僕が銀行を辞めてから1か月後にオーストラリアへ行った理由

f:id:yukihiro0201:20160927000621j:plain


前回、僕が新卒で入った銀行を退職した経緯を書きました。

参考:僕の最悪な銀行退職エピソード!訓告処分を受けてスッキリ

 

もともと3年働いたら退職しようとは考えていたので・・・

次に何をするかは退職前から決めていました。

それは海外でカフェの勉強をすることです!!

 

ホスピタリティの分野を目指す

 

以前のブログで述べた通り僕は営業が大嫌いです。

でもお客さんとコミュニケーションを取って喜ばせることは大好きでした。

 

例えばローン返済の相談を受けたとき・・・

僕は債務者だけではなくその家族とも話をして一緒に解決策を探すような方法を取ってきました。

 

また外国送金のやり方が分からないというお客さんには・・・

為替の仕組みから分かってもらえるよう手作りの説明書を作ったりしていたのです。

 

そのかいあってか一度応対したお客さんとは仲良くなれることが多かったです。

そして僕はそれを仕事のやりがいとしていました。

 

「モノを売る」よりも「お客様をもてなす」ことに重点を置ける商売は何だろうと考えた結果・・・

たどり着いた答えが「ホスピタリティ」の分野だったのです!!

 

そしてそのとき高校の先輩がカフェ経営で大きく活躍していたので・・・

そこから自分もカフェに興味を持つようになりました。

 

さらに英語にも興味を持つ

 

またそのカフェのアイデアと同時に・・・

「海外に行ってみたい」という気持ちもありました。

なぜかというと銀行でつちかった英語力を伸ばしたかったからです。

 

僕が働いていた銀行の支店は大学のすぐ側にありました。

留学生や外国人の先生がひっきりなしに窓口に来るので英語がある程度話せないとまったく仕事になりません。

 

「日本を出ないから英語を学ぶ必要はない」と考えていた僕にとってこの現実は大きなショックでした。

学生時代に使っていた英語の参考書を物置の奥から引っ張り出して勉強し直すはめになったのです。笑

 

英語なんて学生の頃は大嫌いでしたが・・・

実際に使う場面があるとなると勉強にも身が入ります。

なんと銀行を退職する頃にはTOEICで800点ぐらい取れるようになっていました!!

 

そこから英語に興味を持つようになり海外に行ってみたいと考えるようになったのです。

 

カフェと英語を同時に叶える方法

 

この2つの希望を叶えるために僕は「海外でカフェの勉強をする」という結論にいたりました。

そして色々と調べた結果、オーストラリアの「メルボルン」という所がカフェで有名な街と知ったのです。

 

こうして僕は銀行を辞めてからわずか1か月後、オーストラリア行きの飛行機に乗ったのでした。

 

海外に出て分かった日本人が留学しても英語が話せない理由に続く