読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







僕の最悪な銀行退職エピソード!訓告処分を受けてスッキリ



f:id:yukihiro0201:20160503102949j:plain


前回、僕が銀行に就職した理由を書きました。

参考:会社員は半分タダ働き!僕がサラリーマンを嫌だと考える理由

 

やる気満々だった入行当時



銀行に就職した当初は「3年間で学べることはすべて学ぶぞ!!」という意気込みのもと本当に一生懸命仕事をしました。



配属になった支店は比較的何でもやらせてもらえる環境でした。

したがって僕は積極的に業務をこなして同期のみんなよりも早く仕事を覚えていったのです。



また仕事以外の時間はほぼすべて資格取得の勉強にあてました。

そして入行から3年以内に取るべきとされていた8つの資格を1年ですべて片づけてしまったのです。

 

そんなヤル気満々でスタートを切った僕でしたが・・・

その意欲が急速にしぼむ出来事が起こりました。

入行3年目に融資係から渉外係へ担当替えとなったです。


軽いうつを発症

 

「渉外」とは外回り営業のことです。

多額の預金を持っているお客様の家を訪問して・・・

投資信託などの金融商品を紹介・販売していくのが主な仕事でした。



僕はこの仕事がまったくできず、また全然楽しめなかったのです。


大学生のときにやったアパレルショップでのバイトで薄々気づいていたのですが・・・

参考:会社員は半分タダ働き!僕がサラリーマンを嫌だと考える理由

僕は「営業」が苦手です。笑



どうしても「売らなければ!!」という意識が出てしまってお客さんとの接し方が不自然になるんですよ。

色々と自分なりに試してみたのですが僕は営業成績をまったく上げることができませんでした。


そんな僕を上司は目障りに感じていたのか・・・

嫌がらせとしか思えないような小さなことで朝から晩まで僕は怒鳴られ続けました。


そんな日々が積み重なり最終的に僕はその上司の近くにいるだけで腹痛を起こすようになります。笑

情けない話ですが軽いうつ状態になっていたのでしょう。

仕事上のミスが明らかに増えて短期間に交通事故を2回も起こしてしまいました。

 

この時期は本当に以下2つのことだけを毎日繰り返し考えていました。

 

「どうせ辞めるのならこんなに頑張らなくてもいいのでは??」

「いや3年は働くと決めたんだからそれまでは我慢しよう!!」

 

最終的にこの迷いはある事件をきっかけに決着がつくことになります。

 

会社から訓告処分を受ける

 

ある日のこと・・・

内部監査で僕は印紙の不適切な取り扱いをしていたことが発覚しました。

 

銀行では出先で通帳などを預かったときに「預り証」を発行してお客さんに渡します。

そして後日その預り証と引き換えに預かったものをお返しするという仕組みです。

そして現金を預かった場合にはこの預かり証に印紙を貼ることが法律で義務付けられています。

 

ところが僕は精神的にギリギリだったこともあってこの印紙を貼るのをよく忘れてました・・・

 

初めて貼付漏れに気づいたときに先輩に対応を相談したら以下のように言われました。

「とりあえず印紙は自分で持っておいて預り証を返してもらってから貼れば??」

それからというもの印紙の貼付漏れがあったときは僕はこの方法で対処していたのです。

 

これが完全にアウトでした!!

印紙は現金と同等と見なされ一時的にでも印紙を自分の手に持っておくことは会社のお金を私的に流用したことになります。

僕が受けた「訓告処分」は給料が一時減額となる極めて重たいものでした。

 

退職の踏ん切りがつく

 

しかしながらこの処分を受けたとき・・・

僕の心はなぜかスッキリとしていたことを覚えています。

それは退職の踏ん切りがようやくついたからです。

 

都合の良い解釈かもしれませんが・・・

いつまでもウジウジ悩んでいる僕に対して「お前のいるべき所はココではない」と神様が教えてくれたように感じました。

 

このことが決め手となって僕は銀行を退職したのです。

 

僕が銀行を辞めてから1か月後にオーストラリアへ行った理由に続く