トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!最近は仮想通貨で遊びながら株の暴落を待っています。86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







会社員は半分タダ働き!サラリーマンを絶対辞めるべき理由とは?

f:id:yukihiro0201:20160503083113j:plain

 

前回、学生時代に本を100冊以上読んだという話をしました。

参考:大学選びを失敗して後悔!そして人生で大切なことを学んだ

その中で僕の人生に大きな影響を与えたのは、「金持ち父さん貧乏父さん」という本です!!

 

 

僕はこの本をきっかけに、「自分でお金を稼ぎたい」と考えるようになりました。

 

サラリーマンは半分タダ働き

 

この本を読んで、僕がものすごくショックを受けた内容があります。

それは、「典型的なサラリーマンは一年の半分をタダ働きしている」というもの!!

 

今の日本は稼げば稼ぐほど、税率が高くなっていく仕組み(累進課税制度)です。

一番高くなると、所得税と住民税を足して55%もの税率になります!!

 

2013年度税制改正は、富裕層や高額所得者にとって厳しい、つまり税負担が重くなるものとなった。

なかでも注目すべきは、所得税の改正だろう。

その所得税だが、最高税率が40%から45%に引き上げられる。

具体的には、現行制度では課税所得が1800万円超の場合、所得税の税率は一律40%だ。

これが15年以降は、新たに課税所得金額4000万円超という区分が設けられ、ここに課される税率は45%となる。

住民税の所得に対する税率は一律10%であるため、所得税の税率と個人住民税の税率を単純に足すと55%になる計算だ。

参考:所得税:最高税率が45%にアップ、庶民には無関係か | プレジデントオンライン

 

「自分はそこまで稼いでいないよ」という方も、よく考えてみてください。

給与所得者は所得税・住民税のほかにも、様々な名目でお金を取られています。

 

健康保険・介護保険・雇用保険・労災保険・国民年金・厚生年金・消費税・酒税・たばこ税・固定資産税・自動車税などなど・・・

そういったものをすべてひっくるめたら、意外と多くの方が稼いだ額の半分以上を取られているのではないでしょうか??

 

稼ぎの半分以上を取られるなんて、昔なら百姓一揆が起こるレベルです!!

年貢は「五公五民」が、一揆の起きないギリギリのラインだったと言われています。

「なんでサラリーマンの人たちは誰も文句言わないんだろう」と、当時大学生だった僕は不思議でたまりませんでした。

 

サラリーマンは気づけない

 

その後、色々と調べてみると・・・

日本には「源泉徴収」と「年末調整」という素晴らしい集金システムがあることを、僕は知りました。

そしてこれらの仕組みがあるからこそ、サラリーマンは文句を言わないのだということが分かったのです。

 

サラリーマンは会社が税金の計算をしてくれるので、自分では確定申告をしません。

自分が払う税金を自分で計算しないから、収入の多くを国に取られていることに気付けないのです!!

 

狙ってなのか、それとも偶然なのか・・・

どちらにしろ、なかなかエゲツナイ仕組みを国は考えたものですね~笑

 

僕は、この理不尽なシステムの中に組み込まれたくありません。

したがってこの本を読んでから、僕は自分自身の力でお金を稼げるような仕組みを作ろうと考えました。

そしてキチンと、自分でお金を管理するんだと心に決めたのです。

 

会社は信用できない

 

また僕が「自分でお金を稼ぎたい」と考えるようになったのは、親の影響もあります。

親が会社で働けなくなる姿を見て、会社だけに頼る人生に恐怖を覚えたのです!!

 

僕の父親は、電機会社で働いていました。

しかしその会社は吸収合併される形でなくなり、父は50代で無職になったのです。

 

父が長い職探しの末に行き着いたのは、市役所が募集していた空き家調査のバイトでした。

今ではそれも終わり、一日中家でボーとしています。

 

また僕の母親は、保険会社で働いていました。

非常に優秀な成績を収めていたのですが・・・

それがアダとなり、同僚から執拗なイジメを受けてうつ病になったのです。

 

現在は何とか仕事ができるまでに回復し、別の保険会社で働いています。

しかし今でもうつ病の後遺症に悩まされており、力を十分に発揮できない状態です。

 

ともに仕事に対して一生懸命取り組んできた、尊敬できる両親です。

そんな両親がダメになっていく様子を間近で見て、僕は悲しみよりも恐怖を覚えました。

これらの出来事から、僕は「会社」という組織を働く場所として信用できなくなっています。

 

 

色々な仕事を試した大学生活

 

しかし実際に「自分でお金を稼ぐ方法」を探すとなると、なかなか難しい・・

これまでお金を稼ぐといったら、お婆ちゃんのシイタケ栽培を手伝うぐらいしかやったことがありません。笑

 

「自分に何ができるのか」

「どんな仕事が向いているのか」

それらをまず知る必要があると、僕は考えました。

 

そこで僕は、自分の大学生活を「色々な仕事を経験する期間」としたのです!!

業種も職種も違う仕事を、1年に1つずつアルバイトで体験していきました。

4年間でやった仕事は、以下の通りです。

 

1年目:アパレルで接客販売

2年目:百貨店で在庫管理

3年目:中華料理屋で調理

4年目:塾の講師と家庭教師

 

ちなみにこの中では、百貨店の仕事がおもしろかったですよ!!

そこでは在庫の量に応じて、割引する商品とその割引率を自分で決めることができました。

売上が最大になるように在庫をさばいていくというのを、ゲーム感覚でやっていたおぼえがあります。笑

 

またアルバイトと並行してオークション・FXトレード・アフィリエイトなど、インターネットで稼ぐ手段も色々と試しました。

この中では、FXトレードがダントツに楽しかったです!!

僕のトレード人生は、まさにここから始まっています。

 

そして銀行へ就職

 

しかし結局、どの仕事を将来的にやっていくか定まらないまま就活の時期がやってきました。

それでも色々な仕事をやって感じたことは、「どんな仕事をするにしてもお金の知識が必要だ」ということ。

またFXトレードをするようになって、金融の世界に興味を持ち始めていたのです。

 

そこで僕は、銀行に就職することにしました!!

ただサラリーマンをやりたくないことだけは分かっていたので、3年で辞めることを胸に秘めて・・・

 

僕の最悪な銀行退職エピソード!訓告処分を受けてスッキリに続く